Sleepers#4

toya15b1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は先回の続き、日曜日の様子です。


 富山市内で夜を明かした私は、再び呉羽山へ。行くと、一番乗りでした。


toya15b2.jpg


 最初は、EF81 404から(写真)。前日も、単機で姿を見せていました。


toya15b3.jpg


 続いて、475系、北陸色+交直流急行色の6連です(写真)。



 その動画です。475系も、最終期ですね。


toya15b4.jpg


 立ち位置が悪く、上り「トワイライトエクスプレス」はボツ。


 続いて、521系普通です(写真)。これは、今後三セクに引き継がれ、使用される車両です。


toya15b5.jpg


 EF510 505牽引貨物列車です(写真)。洗車があまり行われず、生誕の目的と異なる現在が、哀れな感じです。



 その動画もあります。本当は、こんな姿は見たくなかったと言うべきか。


toya15b6.jpg


 特急「はくたか」、北越急行683系基本6両編成です(写真)。3両付属と、この日は別れていました。



 その動画もあります。


toya15b7.jpg


 683系4000番台、「サンダーバード」です(写真)。関西での通称名に、関東のファンは「?」でした。


toya15b8.jpg


 EF81 726牽引貨物列車です(写真)。省令改正に基づく改造による改番に、いよいよ最終期を感じます。



 その動画です。いずれ、これも貴重になります。


toya15b9.jpg


 683系2000番代、5+3連「しらさぎ」です(写真)。2000番代基本編成も、6連化されるのでしょうか。それとも、このまま「くろしお」に転用でしょうか。



 その、動画です。今後の動向が、注目されます。


toya15b10.jpg


 681系「スノーラビット」3+6連です(写真)。北越急行所有車、この車両の今後の処遇が、注目されます。


toya15b11.jpg


 485系3000番代、特急「北越」です(写真)。JR東日本の車両、現在は「いなほ」定期運用も無く、この車両の今後の処遇も不明です。



 その動画です。今後は、団臨に使用されるのでしょうか。


toya15b11-1.jpg


 横の線路から、轟音が響きます。そう、北陸新幹線、恐らくW7系が、呉羽山トンネルに向け進行します(写真)。


 この前後から、トップメーカーC社のカメラを自慢する、応援団付きの男性が来ていましたが、N社も作らないご自慢の900ミリF4(200万円相当)を外している時に来てしまい、バツが悪そうでした。


toya15b12.jpg


 681系3+6連、特急「はくたか」です(写真)。ダイヤ改正後は方転し、名古屋方面にも進出でしょうか。



 これも動画があります。統一デザインの編成は、今後減少します。


toya15b13.jpg


 681系、JR基本6連+北越急行付属3連「はくたか」です(写真)。



 その動画です。やはり、イマイチです。


toya15b14.jpg


 683系3+9連、「サンダーバード」です(写真)。683系の最長編成です。



 その動画です。2000番代3連+4000番代9連です。


toya15b15.jpg


 EF510 504牽引貨物、と言いたいですが、従えるコキはスケボーです(写真)。ファンサービスでしょうか。


toya15b16.jpg


 681系JR車6連+683系北越急行3連「はくたか」です(写真)。この日の、2番目のクライマックスです。



 その、動画です。もう、撮り直しもきかないでしょう。


toya15b17.jpg


 475系、単色編成です(写真)。塗色変更終了前に、運用が無くなりそうです。


toya15b17-1.jpg


 特急「北越6号」の運用に、新ニイ(JR東日本新潟車両センター)K1編成が就いていました(写真)。絵入りヘッドマークもバッチリです。


 例の男性は、これも逃し、これもバツが悪そうでした。一体、何しに来たの?


toya15b18.jpg


 そしてこの日の最大のクライマックス、EF81 103牽引下り「トワイライトエクスプレス」です(写真)。



 その、動画です。この日はEF81 103が運用に入っていました。


 これを撮り終え、全員が撤収しました。


 1万円のコンデジで捉えようとする男性もいる一方、総額一千万の道具を自慢する男性もおり、色々な人がいた一日でした。確かに1万円のコンデジでは難しい気はしますが、写真は道具が撮るのでは無く、人が撮るのです。一体、どんな写真を撮ったのでしょうか。


 まだ、トップメーカーC社のレンズは一般的に大きく、虚仮威しには十分です。N社も真似し、大三元クラスではそれを意識したサイズになっています。しかしそれは、レンズメーカーT社とは反対の方向です。そんな人には、アメリカの航空機設計者の言葉を、捧げたいと思います。「軽量、小型、空力的洗練を施せば、自ずと高性能を得られる。」どうでしょうか。


 今週の金曜以降、これらの列車は、大半が見られなくなります。その思い出を、きちんと記録していきたいと思います。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR