「あかさぎ」伝説

nanj15a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、北陸方面を取材しました。


 今日は阪急のイベントのある日でした。行こうと思って準備していましたが、肝心の事前応募の葉書を出し忘れ、それでは当選通知も無く、参加できるわけがありません。そのため、仕方が無いので昨晩自宅を発ち、北陸方面へ。北陸新幹線開業、およびそれに伴うダイヤ改正の際に生じた、一つの疑問に答えるためです。


 それは、「『あかさぎ』は存在するか?」という疑問です。


 諸兄もご存じのとおり、北陸新幹線開業で特急「はくたか」は廃止、それに使用されていた北越急行の681系、683系は運用を無くしました。結局それらの車両はJR西日本が譲受し、「サンダーバード」「しらさぎ」等に使用されているのですが、仕様も違う車両たち、そのまま運用に就いているのか、ということです。そうすれば「しらさぎ」ならぬ「あかさぎ」で、撮れれば大成功です。そんなことがあるのかも含め、ポイント検索、今朝その場所に立ちました。


 手っ取り早く撮るのであれば、疋田の大カーブという気もしますが、残念ながらあそこは上り方、米原寄りでは全列車貫通扉となるため区別がつかず、結局断念しました。


nanj15a2.jpg


 一発目は、クロ683-3、近キトW33編成他6+3連です(写真)。「サンダーバード」、幸先良いスタートです。


nanj15a3.jpg


 続いては、クロ681ですが、番号は一桁である以外分かりません。編成も分かりませんが、「しらさぎ」運用に就くJR西日本オリジナル681系です。


nanj15a4.jpg


 続いては「ヨンダー」です(写真)。クロ683 4500番台、車番は不明ですが間違いありません。


nanj15a5.jpg


 521系、近ツルJ13編成です(写真)。初期の車両と、ヘッドライトの形状が異なり、同時期に製造された225系と似ています。


nanj15a6.jpg


 続いてはクロ681、「しらさぎ」色の編成ですが、後で確認すると、車番は2002、N02編成、則ち元北越急行所属車両です(写真)。帰宅後、先日大宮で手に入れた最新の編成表で確認すると、N01編成は、昨年のうちにJR西日本の塗装に塗り替えが終わっていたとの由。続いてN02編成も塗り替えられ、この姿になっています。つまり、「あかさぎ」はガセ、存在しません。


nanj15a7.jpg


 続いてはクロ681-8他、「しらさぎ」金サワW02編成です(写真)。これはオレンジの帯が追加されています。


nanj15a8.jpg


 続いて「サンダーバード」9+3連です(写真)。


nanj15a9.jpg


 「サンダーバード」、近キトW32編成他、6+3連です(写真)。


nanj15a10.jpg


 521系E03編成です(写真)。521系初期車、223系5000番代と正面は同じ、ヘッドライトは2000番代も同じです。ATS-Pも装備し、米原まで入線可能です。


nanj15a11.jpg


 EF510-502牽引コンテナ貨物列車です(写真)。ああ、「北斗星」も最期なのですね。


nanj15a12.jpg


 単機で走る、EF81 725です(写真)。これもEF65 2000番代と同じく、省令対応の有無で改番されています。


 燦々と降り注ぐ午前中の陽気の中、早速日に焼けてしまい、真っ赤です。


 そして此所での釣果の限界を感じたので、この場所を後にして、次の場所に向かったのですが、それは長くなるので、また次回としたいと思います。


 そうすると、683系であるN03編成、N13編成も塗り替えられ、運用に就いている可能性も大です。やはり、番号は、重要なのですね。改めて、感じます。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR