Reminder#5

kana15b1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日2回目の”Tetsu”をお届けします。今回も、神奈川県方面です。


 先回は逗子で終わり、博物館へ行くところで終わっています。その博物館のネタはあまりに多く、次回以降に譲ることとします。


 その博物館を出た私は、横浜市中区へ、同区の公園にある、D51 516を捉えます(写真)。まだまだ安定していた時期のD51です。


kana15b2.jpg


 同機のキャブ(写真)。24時間開放されている割には、傷みが少ないです。しかし、動態化にはもうちょっとです。


kana15b3.jpg


 同機の横には、転車台があります(写真)。かつてこの場所に、神奈川臨海鉄道の機関庫があったような雰囲気です。


kana15b4.jpg


 続いては、川崎市の公園にある、川崎市電(廃止)702です(写真)。


 「新鶴見交通公園」を確認できず日没、ここで土曜日は終わりです。


kana15b5.jpg


 日曜日は、小雨がぱらつき、精密光学には悪い天気です。そのため短期に取材し、博物館で締めにしようと思いました。


 日曜日一発目は、町田市の市施設にある、D51 862です(写真)。準戦時形であろう同機、門鉄式ではない切り取りデフにもなっています。


kana15b6.jpg


 同機のキャブ(写真)。状態は、まあまあです。


kana15b7.jpg


 続いては、相模原市中央区の公園にある、D52 235です(写真)。塗装補修のためか錆止めの朱色塗装が、半分出来になっています。


kana15b8.jpg


 続いては、川崎市多摩区の公園にある、2両の保存車です。


 1両は、スハ42 2047です(写真)。旧式客車、電気暖房化改造で+2000されています。


kana15b9.jpg


 車内(写真)。照明が、電球から円形の蛍光灯に交換されています。一般的なボックスシートです。


kana15b10.jpg


 もう1両は、D51 408です(写真)。戦争の足音が聞こえ始めた時期のD51です(写真)。


kana15b11.jpg


 キャブの様子(写真)。ガラスで仕切られ、これ以上入ることが出来ません。


 そして、ここまで来たので、「あの」博物館に行きました。しかし、それも長くなるので、次回以降に譲りたいと思います。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR