Metropolis#2

tok15b1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、東京遠征2回目です。


 杉並、中野と通った私は、続いて新宿区、西落合へ。そう、鉄道模型ファンの聖地の一つであろう、「ホビーセンター カトー東京」です。目の前には、京急デハ268が保存されます(写真)。


 同館の1階はホビーショップ、その他の部分は関水金属の本社になっています。ホビーショップの窓側にはNゲージとHOゲージのレイアウトがあり、ショールームでもあります。奥は、同店でしか手に入らない鉄道模型、ジオラマ関連商品も多く、「もう二度と模型はやらない。」と決めていた決意を揺るがすには十分でした。最後、アウトレットの樫の木のNゲージモデル(!)を買おうか悩みましたが、決断出来ず、断念。また、そのうちに行きたいと思います。


tok15b2.jpg


 続いては、豊島区へ。同区の公園には、都営地下鉄大江戸線車両の試作車、12-001と12-002が保存されます。12-001(写真)。かなり傷んでいますが、鉄輪式リニア車両の、記念すべき第1号車です。


tok15b3.jpg


 その、車内(写真)。元はプラスチックのシートだったようですが、現在は木製ベンチになっています。


tok15b4.jpg


 その相方、12-002は、隣に並びます(写真)。


 鉄輪式リニア地下鉄の実現により、車体の小型化、ひいてはトンネルの小断面化が可能となり、建設コストも安くなりました。同様の方式の地下鉄は、大阪市の長堀鶴見緑地線、今里筋線、神戸市の海岸線、福岡市の七隈線と増え、更に仙台市の東西線が間もなく開業します。


tok15b5.jpg


 板橋区、(「グリーンマックス」の)大山にも近い公園には、都電7508が保存されます(写真)。


tok15b6.jpg


 内部の様子(写真)。板張りの床が特徴です。


tok15b7.jpg


 続いては、豊島区の鉄道高校にある、SL西武3です(写真)。平日は学校があり、近づくのも困難でしょう。


tok15b8.jpg


 その近く、鉄道短大には、営団685が保存されます(写真)。丸ノ内線です。


tok15b9.jpg


 建屋の中には、2両の前頭部と思われる車体があります。


 一つは、205系、山手線と思われる車体です(写真)。


tok15b10.jpg


 もう一つは、近郊化塗装となった、455系と思われる車体です(写真)。


 何れも、車番等のデータはありません。


tok15b11.jpg


 再び豊島区、別の公園には、C58 407があります(写真)。金網が近く、CXでは写真になりませんでした。


tok15b12.jpg


 その近くですが別の公園には、都電6162があります(写真)。金網の張り方が、状況をよく現しています。


tok15b13.jpg


 そして文京区へ。昔「レコード」というものを借りによく通った図書館の裏に、そんな施設があることを知りませんでした、神明都電車庫跡公園です。2両の保存車があります。


 1両は、都電6063です(写真)。


tok15b14.jpg


 もう一両は、電動貨車というか工事用車両、乙2です(写真)。


 確かに、あの頃は鉄道趣味とは無縁の時代でした。


tok15b15.jpg


 そして台東区、上野も近いところに、都電7506が保存されます(写真)。


tok15b16.jpg


 そして、上野の山の国立科学博物館エントランスには、D51 231が保存されます(写真)。これも、定時には実演があります。


 正直お盆だから人が少ないと思ったら、それを狙って東京に来た人がいるのではないかと思うくらい人は多く、特に上野での駐車には、通常の方法では何時間も待たされます。だから、知恵を使うと、あそこが良いのですが、それは書きません。ご想像にお任せします。


 そして午後もまわり、まだまだ続くのですが、そこまでは書ききれません。よってここで水入りとして、以降は改めて書きたいと思います。そちらにも、ご期待下さい。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR