Satellite(Story2)

mato15a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、日曜日の「金沢総合車両所公開」イベントを取材しました。


 南入曽、大井を発った私は、一路白山市へ。カーナビは信越~北陸ルートを指示と思いきや、長野原~豊野~直江津を指示、結局無視し碓氷峠へ。しかし釜飯は売り切れ、意味をなしませんでした。そして連夜の徹夜運転が祟り、遂に富山市内でダウン。駐車場で倒れ込むように停め、そのまま寝ました。


 そこで更に朝は寝坊を。余程止めて、このまま帰ろうか真剣に考えましたが、ここまで来たので、何とか行こうと思い、開場時刻を過ぎてしまいましたが、到達。中に入ることが出来ました。


 そして、エントランスを過ぎ、最初に写したいのは、2272(写真)。旧式なタンクSLです。


mato15a2.jpg


 向きを変え一枚(写真)。0C1の軸配置が特徴です。手前には、後付けの空気ブレーキ用蒸気コンプレッサーが見えています。


mato15a3.jpg


 同機の機関室に、初めて入りました(写真)。右側機関士なのが、その後の国産SLと異なります。


mato15a4.jpg


 その手前には、475系、クモハ475 46他が停まります(写真)。既に運用は無く、最期の時を待っています。大目玉は要注目です。


mato15a5.jpg


 その横は、ラッセル車キ205です(写真)。


mato15a6.jpg


 その外側には、ナンバーの無いEF81とDE10が停まります(写真)。これも、同じです。


mato15a7.jpg


 続いては、保線用軌陸車があります。こちら側は、バケット式アームを持つクレーン車です(写真)。


mato15a8.jpg


 これも軌陸車、架線用昇降式作業台を持つ作業車です(写真)。


mato15a9.jpg


 683系2000番代と思われる3連、「しらさぎ」塗装です(写真)。289系への改造を待っています。


mato15a10.jpg


 同じ683系2000番代ながら金サワR11編成、「サンダーバード」波動用車両です(写真)。運転台見学車両です。


mato15a11.jpg


 キハ40、「忍者ハットリ君」車両です(写真)。


mato15a12.jpg


 その横では、DD15 15が停まります。除雪翼展開実演用に並びます。可動機は、これだけか、他にもあるのか。



 その、動作実演の動画です。来年は、DE15かもしれません。


mato15a13.jpg


 トワ色のEF81 43です(写真)。京都鉄道博物館には、同じトワ色でももっと後の番号の機関車が行ってしまった気がします。


mato15a14.jpg


 「ヨンダー」T51編成の先頭、クモハ683 5511が、リフティング用に並びます(写真)。朝一番に行かなかったために、動画は残念です。


mato15a15.jpg


 奥には、車番不明の複線用DE15が、分解整備中です(写真)。駆動機関、DML61ZAは、大きいです。


mato15a16.jpg


 113系から改造された七尾線用415系先頭車が、トラバーサに載っています(写真)。DD15の実演と近接してトラバーサも運転されましたが、ここにも朝一番に入らなかったことで影響が出ています。この車両に交流機器を提供した485系たちは、既に鬼籍に入っています。



 そして、工場の、輪軸削正用旋盤です。回転のみの実演、削正はまた別の機会に。


mato15a17.jpg


 屋外には、DD15が3両並びます。昨年はクハ489が並んだ場所で、これらの車両の今後の処遇は、明らかです。


mato15a18.jpg


 キハ48 4及び1004のペア、「花嫁のれん」です(写真)。輪島塗のような、豪華な塗装になっています。


mato15a19.jpg


 そして、建屋にも、ナンバーの無いEF81があります(写真)。トワ色は「特別なトワイライト」牽引機でもうしばらく延命できますが、一般色は牽引する車両も無く、引退あるのみ、部品取り用としてのみ残るのでしょう。


mato15a20.jpg


 軌陸式重機があります(写真)。アームの先で枕木をつかみ、スポットでの枕木交換に威力を発揮します。この実演動画も、残念でした。


mato15a21.jpg


 軌間を検査する、「トラックマスター」です(写真)。正確な軌道の維持には重要です。


mato15a22.jpg


 レール探傷機です(写真)。超音波で、レールの傷等の異常を発見できます。


 保線は地味ですが、一番大切なことです。色々な機材を使い、日々安心して列車が走れる軌道を整備していることを、忘れないようにしましょう。


mato15a23.jpg


 最後は、681系2000番代付属編成、N11編成です(写真)。元北越急行所有車、「しらさぎ」用にJR西日本が譲受し、塗り替えました。


 もう少し居たかったのですが、後の用事があり、ここで帰途に就きました。


 やはり北陸ならではの車両もあり、行って良かったと思います。今後、新幹線の延伸に伴い、同所も変わってくるのでしょう。イベント時には出来るだけ来たいと思います。


 しかし移動は長く、睡眠不足が祟り、何度も仮眠して、やっとの思いで帰宅しました。来年は、出来るかなあ?


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR