Land On#3

hokk15c1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、北海道3日目です。


 例によって今日も滞在先を発ち、向かったのは沼田町。同町の温泉施設には、15号機関車(形式「10」)が保存されます(写真)。明治22年ドイツのクラウス社製、現存最古級のSLです。後に工場入換用に使用され、その縁で沼田町に残ります。


hokk15c2.jpg


 後からの姿(写真)。以前の保存場所に何度も足を運び、「幻か」と思っていましたが、遂に見つけました。喜びもひとしおです。


hokk15c3.jpg


 キャブです(写真)。やはり、右側が機関士のようで、加減弁、ブレーキも右側に装備されています。


hokk15c4.jpg


 その足で行きました、留萌市の公園にある、D61 3です(写真)。D51に従軸を加えバークシャーにし、9600形を置き換える筈でしたが、僅か数両の改造のみで、留萌に集中配置され羽幌線(廃止)で使用されました。画像も、ほとんど無いようです。


hokk15c5.jpg


 その、D51と違う、2軸の従台車(写真)。C62のように、角を切ったりはしてありません。


hokk15c6.jpg


 続いて、旧「神居古潭」駅へ(写真)。函館本線の駅、難所だったようですが、現在はルート変更し廃止になっています。


hokk15c7.jpg


 同駅には、3両のSLが保存されます。


 最初は、D51 6です(写真)。ナメクジです。


hokk15c8.jpg


 その前は、C57 201です(写真)。戦後製のいわゆる「4次形」、北海道と九州に少数配置されました。


hokk15c9.jpg


 その前は、29638(9600形)です(写真)。


 何度も来て取り上げた場所ですが、何度来ても飽きません。


hokk15c10.jpg


 続いて、旭川市内へ。市施設には旭川電気軌道1001が保存されます(写真)。雪国でこのように美しい状態とは、賞賛に値します。


hokk15c11.jpg


 東川町の資料館は、夏休み中は月曜以外毎日開館ですが、それ以外は日曜のみ、冬期休館もあります。今日は月曜なので、残念でした。来年以降になります。


 落ち込んで車を走らせていると、「おお?」と思い、車で戻ります。キハ22でしょう、廃車体が残ります(写真)。


hokk15c12.jpg


 そのまま、南下します。美瑛町の公園には、9600形49600が保存されます(写真)。401番目です。


hokk15c13.jpg


 同機のキャブにも入れます(写真)。焚き口は、片手式の小さなものです。


hokk15c14.jpg


 富良野市の市施設には、D51 954が保存されます(写真)。


hokk15c15.jpg


 そして、南富良野町へ。幾寅駅前には、映画「鉄道員(ぽっぽや)」関連の施設が並びます。


 駅前には、撮影のため改造され使用されたキハ40 714が、カットされ保存されます(写真)。映画では、キハ12 34という番号だったと思います。側面のバス窓が特徴です。撮影後は通常運用に就きましたが、後に廃車になりました。


hokk15c16.jpg


 車内の様子(写真)。ボックス左右各1ブロックのみ残ります。壁には、出演者のサイン色紙が飾られます。


hokk15c17.jpg


 幾寅駅舎(写真)。現在も映画の「幌舞」の看板を掛けています。多分、原作は炭砿もある幌内線(廃止)「幌内」だったのでしょう。


 そして、今日の行程は終了、滞在先に向かいました。


 遺漏の多かった地域で、遺漏を無くすととても良い感じです。ここ7、8年の懸案が解決し、安眠できます。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR