微妙な天気の日

odae15a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、先週の土日に開催された、「小田急ファミリー鉄道展2015」を取材しました。


 土曜の予報は雨。それのみならず、愛車の不調があり、土曜日は無駄に潰れてしまいました。そして日曜日、都電荒川車庫のイベントと迷いましたが、結局小田急を選択。朝に到着すると、会場は既に行列しています。


 行列の最中に、中が少し見えます、VSEの顔出しです(写真)。


odae15a2.jpg


 そして10時に開場。やはり行きたいのは、車両展示。リニューアルされた1000系1163始め6連と、小田急の一般形で最も古い系列となった8000系、8162始め6連が並びます(写真)。8000系、新しいと思っていたら最旧系列で、VVVF化改造対象となり生き残りました。それ以前の小田急顔は、全て引退しました。


odae15a3.jpg


 VSE第1編成、50901始め10連です(写真)。小田急の看板列車ですが、2編成のみの同系、2日間休ませても運用は遣り繰りで成り立ったのでしょう。当ブログにも何度か登載されましたが、編成写真は恐らく初めてです。


odae15a4.jpg


 横の車庫線には、1000系1167他、6+4連が入線します(写真)。ビード入り軽量ステンレスも、登場時は新鮮でしたが、フラットステンレスの増えた今では、全く普通です。


odae15a5.jpg


 その横には、30000系”EXE”、6+4連が停まります(写真)。バブル期の車両、ボギー車でパノラマ席も無く、「ロマンスカーらしくない」という声もあるようです。


odae15a6.jpg


 新宿方先頭、50001です(写真)。日光を敵にしています。


odae15a7.jpg


 VSEの車体傾斜装置付きの連接部(写真)。連接台車で、動作部を高く取り、貫通路横まで張り出しているのが特徴です。


odae15a8.jpg


 8062、及び1063です(写真)。1000系はリニューアルされた車両で、車内公開が行われていました。


odae15a9.jpg


 保線機械展示に移動します。軌陸車の、延線巻取車、架線架設及び撤去時に使用する車両です。


odae15a10.jpg


 タワー車です(写真)。架線等の作業用の軌陸車です。


odae15a11.jpg


 同じタワー車でも、ハイブリッド車です(写真)。通常は電池のみで走行可能なようです。


odae15a12.jpg


 続いて、モーターカーにプッシュプルされた、レール運搬車です(写真)。レール積み卸し用のクレーンが装備されます。


odae15a13.jpg


 ダンプトロリー、及びモーターカーです(写真)。バラスト運搬用車両です。


odae15a14.jpg


 バラストスイーパーです(写真)。マルタイで突き固めた後のバラストを整理する車両です。


odae15a15.jpg


 その、マルタイです(写真)。国内各地でよく見られる、オーストリア製の機械です。


 これで車両展示は終わり、物販ブースに移動です。大方撮影したことから、会場を後にしました。


odae15a16.jpg


 真っ直ぐ帰っても良かったのですが、寄り道を。熱海駅前には、熱海軽便鉄道7号SLが保存されます(写真)。関東大震災で廃止となり、その後鷹取工場にて使用されていたものを、引退後熱海市が譲り受けたようです。


odae15a17.jpg


 キャブの様子(写真)。丸見えで、覆いもありません。


 そして、帰途に就きました。


 都電のイベントも行ければ良かったのです、不調で残念でした。しかし、今後どうなるのでしょうか。心配は心配です。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR