Test Run#1

meif15a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今週は、新着カメラの試用記です。


 今年の冬分の購入として、いろいろレンズを購入し、その一つは1か月以上待ちとされる、レンズメーカー製手ブレ防止つき広角ズームも届き、ご満悦でした。


 その一つは、Nikon1 V3でした(写真)。合体ロボのような造作ですが、最速秒間60コマ撮影で、最速級の速さです。


 レンズは、1Nikkor70-300で、これも入手困難の一つですが、夏に手に入れて以来、いろいろなカメラと合わせたもののしっくり来ず、結果「やはりこれしかない。」とV3を購入。各種部品も共通化を試みた形跡があり、同じNikon1でもVシリーズは販売に苦労している様子が分かります。


 結局それは、売る対象を誰にするか、ということでしょう。コンデジユーザーにはファインダーは単なる邪魔ですが、デジ一ユーザーには必須、電子ビューファインダーなら液晶モニターに専用ルーペを当てる手間も省け、やはり欠かせない物です。正直脱着時に「壊すのでは?」と不安を感じます。


meif15a2.jpg


 後方からの眺め(写真)。D750と同じ設計思想で、液晶は縦方向のみチルトが可能です。できれば、肉抜きもあるとなお良かったです。


 結局V3は、Jシリーズにビューファインダーを取り付け可能にした感じのカメラです。ファインダーは取り外し可能が良いのか、V2みたいに固定が良いのか、どうなのでしょうか。


 あと、バッテリー交換ごとにグリップをいちいち外さねばならず、それは手間です。設計上無理だったのでしょうか。


meif15a3.jpg


 そして、今日試運転を行いました。


 記念すべき1枚目は、6500系6418始め4連、普通金山行きです(写真)。平凡な列車こそ、1枚目に相応しいです。


meif15a4.jpg


 続いて、手持ちで、1700+2330系、1702始め6連です(写真)。新塗色に改められました。


 夏休みの終わり頃、東京車両センターと西武南入曽でのイベントの同日に、事前応募制の1000+1200系リニュール車撮影会があったのですが、その際のサプライズに、1701Fがこの新塗色に改められ、並んだ様子です。その撮影会には行っていませんが、翌週の通常運用から投入されたのを確認しており、惜しかったです。「乗ったから、分かってるよ!」


meif15a5.jpg


 1000+1200系、1015Fです(写真)。まだ同編成はリニューアルされていませんが、数年後この塗色は消える運命にあります。名鉄の、新幹線への憧れを象徴する塗色でもあります。


meif15a6.jpg


 1000系の生まれ変わり、5000系5007Fです(写真)。特急政策の変化で生じた系列、京成の初代AEなどにも、同様の車両があります。


meif15a7.jpg


 5300系、5306Fです(写真)。非冷房SR車であった5000系、5200系の生まれ変わり、冷房車体は新製ですが、2ドアで、3ドアが主流の今となっては、難しい立場の車両です。一部には廃車も発生し、注意が必要です。


meif15a8.jpg


 2200系、2209Fです(写真)。2200系では永く最終番号でしたが、今年2011Fまで投入され、その座を退いています。


meif15a9.jpg


 2000系「ミュースカイ」、2010Fです(写真)。当初の最終編成でしたが、翌年4両化改造の際に2012Fまで製造されました。


meif15a10.jpg


 5700系、5705Fです(写真)。5300系はリサイクル車でしたが同系は完全新製車、より難しい立場になっています。3ドア化改造等の、検討はされていないのでしょう。平日昼には、5300系共々全車一般車特急の運用に就きます。


meif15a11.jpg


 2200系、2205Fです(写真)。固め打ちになってきました。


meif15a12.jpg


 3100系、3101Fです(写真)。3700系と同時期にデビュー、3700系は5編成で打ち止めでしたが、こちらは3500系の相方や、後に2200系の増結、及び羽島線単独運用もあり、23編成増備されました。


meif15a13.jpg


 その3700系、3704Fです(写真)。3700系は当初3編成製造され、後に方向幕を大型化した2編成が登場したものの、以降は3300系となりました。


meif15a14.jpg


 2200系増備編成、2210Fです(写真)。今年の落成、赤帯の入った新塗色になりました。既存編成も今後改められる予定です。


meif15a15.jpg


 1030+1230系、1131Fです(写真)。120km/hパノラマカー7500系の生まれ変わり、4編成製造されたものの、現存は3編成のみです。


meif15a16.jpg


 2000系最終編成、2012Fです(写真)。「どうせ4両になるのなら、」と名鉄も後悔しているでしょう。


meif15a17.jpg


 1700+2330系、1701Fです(写真)。前2両は、2000系の現車試験をするため製造された1600系で、組み替え時に1両廃車、方転されこちら側先頭に改められました。


meif15a18.jpg


 2200系2208F、特急内海行きです(写真)。現在河和線特急は、主に1000+1200系で運用されますが、リニューアルの関係で一部にこのような運用があります。2200形と2250形の側面の「1」「2」のペイントは、今後消滅する予定です。


meif15a19.jpg


 2000系「ミュースカイ」栄えある初号車、2001Fです(写真)。でも、デビューからもう10年経つのですね。


meif15a20.jpg


 1800系1809F、普通内海行きです(写真)。1000+1200系の専用増結車、閑散時にはこのような運用もあります。


meif15a21.jpg


 今日の最後は、6000系最終編成、6052Fです(写真)。6000系最終形で前面設計が変更され、6800系前期形と同様です。仕様が多少異なっていましたが、後の整備でだんだん近づいてきました。


 1702Fで最後にしようと思っていましたが、出来心が原因で失敗し、残念でした。


 やはりメカニカルシャッター及びミラーがない分速く、連写も速かったですが、記録メディアがそのスピードに対応したものでは無く、少々不満の残る結果でした。ただ、試運転という点では、大成功であったと思います。今後部品等整備し、秒間60コマも使えるような、完全な姿で使えるようにしたいと思います。V3よ、その、狼の正体を見せてくれ!


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR