The Closer

tobf15a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、東武鉄道南栗橋工場で開催された、「東武ファンフェスタ2015」を取材しました。


 投稿も2週間ぶりのような気がしますが、なかなか取材に行く気力が沸かず、先週は怠惰に過ごしました。そして、今週もそうでしたが、土曜の昼に出て、青春18のような行き方で関東入り。予定の滞在先は満室で断られ、昨晩は行き場を失いましたが、何とか夜を明かしました。


 そして、今日は早めにスタート。南栗橋まで行き、駅から徒歩で会場へ。朝、無料シャトルバスを待っていたら、目的は達せられません。


 そして、行列1時間、間もなく開場となりました。



tobf15a2.jpg


 当然、最初に行くのは撮影会。たとえ最初1時間が無駄になっても、これが重要なのです。


 行列して待っていると、列車がやって来ます。8000系8498他、8198Fです(写真)。今年の東上線の話題、東上線90周年記念の「フライング東上」バージョンです。


tobf15a3a.jpg


 続いて8411、8111Fです(写真)。8000系登場時の復刻塗装です。


tobf15a4.jpg


 続いて野田線用60000系、66617始め6連(61617F)です(写真)。今年の「私鉄車両編成表」には入っておらず、本年の落成と思われます。これも日立製”A-Train”です(写真)。


 これらの車両は、全て車両撮影会に展示するため入線、特に8000系2本は、優先撮影会付きの有料ツアーの車両でした。


tobf15a5.jpg


 駅の方の電留線には、左から5117、8636、5116、いずれも東急田園都市線の車両が停まります(写真)。


tobf15a6.jpg


 会場横の電留線には、50050系51068始め10連が停まります(写真)。


tobf15a7.jpg


 そして、私たちの番がやって来ます。


 写真左から8178、8111、61617、353-1、1819、203-1、106-1です(写真)。個別に蘊蓄を付けて説明が出来ないのが残念。8000系は「東上線90周年」、それ以外は「東武ファンフェスタ2015」のシールを貼っています。


 一般撮影会は11時から14時、300人15分入替制で、最後の方は「人数制限で入れません」旨の放送がかかっていました。


tobf15a8.jpg


 無事撮影会を終え、安心して会場に戻ります。


 撮影会会場横では、10030系11256始め2連が、子供制服撮影会、及び運転台見学に使用されていました(写真)。


tobf15a9.jpg


 その奥では、スイッチングマルタイの実演が行われました。ポイント部も突き固められる機械、その普通のマルタイとは違う、という動作が分かるような実演になっていました。動画も、そのうちに。



 最初は、普通にタンピングです。これは、普通のマルタイでもできます。



 ポイントを再現するためにレールブロックを置いて、ずらしてもタンピングをできる、という実演です。実際にタンピングすると道床が崩れるので、やりません。


tobf15a10.jpg


 スイッチングマルタイの横には、バラスト整理用の用具の乗ったダンプトロがありました(写真)。バラストレギュレーターが欲しいでしょう。


tobf15a11.jpg


 入口側に戻ります。休憩用車両には帯色がマルーンから水色に変更された16635始め6連、11635Fが充当されます(写真)。ああ、野田線にも10030系ですか!


tobf15a12.jpg


 建屋に入ります。入場中の102-6他が、展示されます(写真)。「スペーシア」も、塗色の種類が増え、今度はオリンピック関連で変わると言っていました。


tobf15a13.jpg


 それと顔を突き合わせるのは、10030系、11452です(写真)。


tobf15a14.jpg


 部品展示も多く、載せきれない程ですが、300系及び350系の主制御器(VMC-HTB-200なる番号です)が展示されます(写真)。マスコンを操作すると、電動カム軸が回転し、ガチガチと接点が切り替わり、抵抗値と電圧を制御します。ある意味モーター以上に重要で、接点不良が起きれば故障、そのためホコリ等が入らないよう神経を使う場所です。



 その動画です。機械ですが、生き物のように複雑に動きます。最終期には、無接点化されたトランジスタ式抵抗制御器も造られましたが、程なくチョッパ制御に切り替わりました。



 隣では、シングルアームパンタグラフの実演が行われていました。撮影は、一発で決まりました。


tobf15a15.jpg


 10030系12261です(写真)。車体研ぎの展示車で、正面中央上の車番が消えています。


tobf15a16.jpg


 その相方11261は、アントに繋がれています(写真)。


tobf15a17.jpg


 タワー車の軌陸車が、停まります(写真)。事前応募して当選すると、伸び上がった状態で乗車体験が出来ました。動画は、どうか。



 その、走行動画です。作業台を上げたまま、走行しました。


tobf15a18.jpg


 10000系12202が、運転士体験に停まります(写真)。これは、軽量ステンレスではないのですね。


tobf15a19.jpg


 10030系13452が、リフティングのために準備されています(写真)。その動画も、そのうちに。



 その動画です。向こうから台車に載せる前までで一方、そのまま再び向こうのジャッキに戻されます。


tobf15a20.jpg


 台車塗装装置(写真)。整備された台車に、塗装を施す機械です。隣には、赤外線ヒーターの塗装乾燥工程がありました。


tobf15a21.jpg


 そして、大方撮り終えたので、会場を後にします。


 朝、開場前に行列が長くならないように一時的に入った場所には、シャトルバスが入ります。そのバス待ちの行列を見て、直接駅まで歩く、という決断をしました。


 その行列の横には、先ほどのスペーシアの相方、恐らく102-1他が停まります(写真)。修正パテも、丸見えです。


tobf15a22.jpg


 そして、駅まで歩くと、通常は東武動物公園までしか見た記憶の無い、東京メトロ日比谷線03-140他8連が入線します(写真)。今まで日比谷線乗入車両は18メートル車3ドア(一部に多ドア車もある)8連でしたが、後継の東京メトロ13000系、及びその東武バージョン70000系の登場が報道されており、20メートル4ドア車7連になるそうです。77701、インフレナンバーもいいところです。勿論、登場すれば私鉄最大番号になります。伊勢崎線複線区間での8000系と03系の並走も、そのうちに見られなくなります。


 そして、まだ多数写真は撮りましたが、帰途に就きました。


 震災関連で、ここ数年秋に開催されていた東上線のイベントは、次回からは春にするようです。確かに時期が近く、準備が2倍であった感じはします。ただ、近いは近いでメリットもありましたが、会社の意向ですので、まあそうでしょう。


 これで今年のイベントシーズンも終わりで、冬の青春18、正月、引退予定と続いていきます。また来年、次のイベントも楽しみですね。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR