冬らしい日(後半戦その1)

nagn15b1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、昨日の続き、長野県方面です。


 昨日の投稿後、思いっきり酒をあおり、そのまま寝ました。しかしそれが原因では無いですが、今朝も昨日と同じ時間に目が覚めてしまいました。


 そして、朝食。バイキングなので、食い意地が張って2食分食べてしまい、満腹です。そして、気分良く、出発しました。


nagn15b2.jpg


 そして向かったのは、長野電鉄。長電長野駅は、JR長野駅前地下にあります。大規模な地下鉄道は、北見に次いで2番目に小さな都市です。


 長野オリンピックに伴う長野新幹線開業、そして北陸新幹線金沢開業の2ステップを経て長野駅も大きく様変わり、はるか昔は善光寺に習った寺社風駅舎だったのが、近代的な駅舎に変わり、地下でも駅東西に通じ、隔世の感があります。


 そして発車を待つのは8504始め3連、東急田園都市線のお下がりです(写真)。


nagn15b3.jpg


 同車には、「ローレル賞 1976」のプレートがあります(写真)。名作と言えば、名作です。


nagn15b4.jpg


 長電探訪でも良かったのですが、やはり行きたいのは、須坂。かつては国鉄車両が乗り入れた、屋代から続く河東線(廃止)との合流点で、長電の車両基地のある場所です。


 丁度1002始め4連「ゆけむり」が、出発を待っています。元小田急10000系”HiSE”、後にバツを打ってはいけません。中線には元営団日比谷線の3000系「マッコウクジラ」、3526始め2連が見えます。3001及び3002は、長電引退後東京メトロに里帰りしました。


nagn15b5.jpg


 河東線の方向には、黄色の除雪モーターカーが見えます(写真)。伝統だけでは残らない、悲しいです。


nagn15b6.jpg


 南西方の車庫には、2100系「スノーモンキー」、他3500系が見えます(写真)。宝の山だったこの場所も、長野オリンピック前に整理され、寂しくなりました。


nagn15b7.jpg


 その北側には、長電最後の自社製造車、「OSカー」OS11、61始め2連が見えます(写真)。以前は河東線の方向の中線にあった気がしますが、現在はここです。


nagn15b8.jpg


 以前は撮れなかった方向で撮ろうと、フィルムカメラを出そうとすると、入換で、手前に8500系が入ってしまいました。しかし、暫くして移動し、入庫しました。これ幸いと撮りまくります。OS11、11です(写真)。初代OSカーは20メートル車4ドアでしたが、この形から18メートル車3ドアになりました。新性能車にもかかわらず引退したのは、非冷房だったからで、非常に残念。その後は他社のお下がりを使用するようになりました。


nagn15b9.jpg


 そして、長野に戻り、JRへ。


 駅の端には、牽引車代用のクモユニ143-1が停まります(写真)。


nagn15b10.jpg


 長野色のままの115系、「しなの鉄道」車両です(写真)。北しなの線以外にも使用されます。


nagn15b11.jpg


 「しなの鉄道」色の115系です(写真)。横軽通過対策車か、ジャンパ栓が3本あります。同塗色の169系が、懐かしい。


nagn15b12.jpg


 そしてJRの車両は、211系(写真、長ナノN302編成)。高崎地区の115系より早く、置き換えが進みました。


 この列車は篠ノ井線から中央東線に入り、甲府行きでした。乗車します。


nagn15b13.jpg


 かつての長電接続駅であった屋代へ行くつもりでしたが、すっかり忘れ、姨捨へ。姨捨三段スイッチバック、1段目の分岐点です(写真)。ここは、通過します。


nagn15b14.jpg


 そして2段目のスイッチバックが、姨捨駅です(写真)。写真左のスイッチバック線に一旦入り、停目で停止。運転士は窓から後を見て場内信号を確認、バックで駅に入線します。


 そしてホームには上下線普通が停止、待つのは383系特急「ワイドビューしなの」です。世界初の自己操舵台車を装備した振り子電車ですが、そんなことは宣伝しないのが、「トータルバランス」を重視するJR東海らしい。


 そして上り線ホーム中央には、展望台があり、善光寺平を眺めることが出来ます(表題の写真)。昼の景色も良いですが、きっと夜景も美しいでしょう。


nagn15b15.jpg


 そして3段目のスイッチバックは、電車及び機関車の性能向上で廃止され、保線用に一部線路が残ります(写真)。写真左方、真新しい電柱の方向に一旦分岐し、折り返しスイッチバック、そして缶を整え、聖高原への最後の勾配を目指したのでした。D51が喘ぎながら登った時代が偲ばれます。


 そして、聖高原を過ぎれば、間もなく松本ですが、まだまだ先が長いです。そのため、ここで一旦水入りとします。


 長電のOS11は、やはり思い入れがあるでしょう、残したいでしょうが、事情が許さないでしょう。今のうちに記録しておかないと、猫跨ぎしているうちに無くなってしまいます。今日前半の最大の目的が果たせ、良かったです。


 そして、次の山場は、読めそうですが、その通りです。ご期待下さい。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR