冬らしい日(後半戦その2)

nagn15c1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、昨日の、後半部分です。


 先回は姨捨で終わっていますが、聖高原を越えれば、当然松本です。松本で、時間があれば、やはり行きたいのは(アルピコ交通)松本電鉄でしょう。その通り、大糸線の向こう、松本駅7番線から乗車します。


 終点新島々まで往復するなら、一日乗車券の元が取れますが、結局車庫のある新村で下車。乗ってきたのは「渕東なぎさ」ラッピング電車です(写真、3005)。当然、元京王井の頭線です。コルゲートステンレスまで白く塗っています。


nagn15c2.jpg


 ホーム前には、ED30 1が、電飾を装備して留置されます(写真)。アメリカ製の輸入電機です。


nagn15c3.jpg


 反対側からの眺め(写真)。歴史的な電機、残って欲しいですね。台車回りも注目です。


nagn15c4.jpg


 遙か向こうには、「アオガエル」5006が見えます(写真)。一時は松本電鉄の塗色を纏っていましたが、復元されました。


nagn15c5.jpg


 その奥の検修庫には、3008始め2連が見えています(写真)。今日は、非番です。


nagn15c6.jpg


 「アオガエルは、道路から、見えるよ!」と駅員が言うので、行ってみました。


 そう、踏切を渡り、向かうと、ありました、半鋼製の有蓋車が2両、ダルマになっています(写真)。目的物ももう少しです。


nagn15c7.jpg


 その横には、現在は倉庫となった5005があります(写真)。内部は不明ですが、外観は復元されました。


nagn15c8.jpg


 現駅舎の横には旧駅舎があり、その横には、写真のような看板があります(写真)。ハニフ1、元甲武鉄道の、日本最古級の木製電車のなれの果ての姿で、転籍の後客車となり、この地に残っていました。現在は、さいたま市の鉄道博物館にて展示されています。


nagn15c9.jpg


 そして、松本駅に戻ります。


 松本駅2番線には、新宿へ向け出発を待つ「スーパーあずさ」、長モトS22+S5編成の、連結面(写真)。今後、どうなるか。


nagn15c10.jpg


 松本駅0番線には、飯田行き313系1700番代、海シンB151編成が停まっていました(写真)。中央西線用3連1500番代と一部仕様が異なり、番代区分がなされています。やはり、神領車両区の車両は、このように松本経由で飯田線に送り込まれていました。


nagn15c11.jpg


 飯田行きが去った後に、徐に置かれるバケツに入った、道具(写真)。手歯止め、いわゆる「ハンドスコッチ」です。転動防止用の道具、長時間停止時に使用します。JR東海の車両は、JR東日本E231系のような駐車ブレーキは装備していません。


nagn15c12.jpg


 そして、続いて入線するのは同じ313系でも1300番代、海シンB508編成です(写真)。ワンマン仕様2連ですが、転換クロスシートです。関西本線や武豊線でも使用されます。木曽福島行きで、中津川行きにはもう1時間ありましたが、乗車しました。


nagn15c13.jpg


 それが失敗だったのは、すぐに分かりました。一駅先、南松本は貨物駅でもあり、多くの機関車が停泊します。EH200-1もあれば、HD-300も2両あり、一本前で行き、撮影しなかったことを悔やみました。窓からは、HD-300-7が見えました(写真)が、こんなヘタレです。


nagn15c14.jpg


 戻ることも考えましたが、断念。そのまま木曽福島まで行きました。


 木曽福島駅前には、非電化当時の主役であったD51、775号機が保存されます(写真)。


nagn15c15.jpg


 そして、一時間後、海シンB504編成が、中津川行きとしてやって来ました(写真)。


 そして、帰宅しました。


 昨日は、幾つか後悔が残ります。屋代といい、南松本といい、もっと注意を払えば撮影時間もあり、絶好の天気でもあり、惜しいことをしました。注意します。


 ここのところの睡眠不足が祟り、今日は寝坊を。まあ、出勤に遅刻したわけでは無いので、無事ですが。今夜は、ゆっくり寝ます。


 それでは、次回をお楽しみに。


コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR