Orange And Silver(At Osaka)

shi16a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、いわゆる「大阪しなの」、「ワイドビューしなの16号」及び「ワイドビューしなの9号」の乗車記です。


 普段なら絶対禁酒の金曜日に、自室でベロベロになるまで飲み、翌日昼出発。その際の写真を取り上げる機会があれば、またいつか。そしてJRに乗り換え、名古屋へ。しかし、予定の列車には2時間以上ありました。


 そして、名古屋駅10、11番線で撮影を続け、約1時間半、間もなく乗車位置案内表示に、当該列車が表示されます(写真)。時間はありますが、確かに次の列車です。


shi16a2.jpg


 そして、予定の列車が、予定の時刻に入線(写真)。「ワイドビューしなの16号」です。A203編成が、こちら側に増結されています。


shi16a3.jpg


 方向幕は、「特急 しなの 大阪」になっています(写真)。これも、間もなく見納めです。


 名古屋停車は2分間、間もなく発車します。


shi16a4.jpg


 電光掲示は、「次は岐阜」と表示されます(写真)。


shi16a5.jpg


 岐阜の次は、「米原」です(写真)。


 通過の大垣からは垂井経由では無く、迂回線、則ち新垂井駅(廃止)のあったルートを通り、これは特急「しらさぎ」と同じ扱いです。垂井通過の必要が無く、必要以上に主電動機に負荷をかけないための措置でしょう。


 そして、米原で、運転士と車掌がJR西日本に交代します。


shi16a6.jpg


 次は、「京都」です(写真)。


shi16a7.jpg


 その次は、「新大阪」です(写真)。


shi16a8.jpg


 そして、列車は、終着駅「大阪」に到着します(写真)。JR東海車の8連以上は、停止位置ホーム西端の停目です。


shi16a9.jpg


 基本編成はA5編成、方向幕は既に「回送」になっています(写真)。暫くしてから、宮原に向け回送されます。隣の、大阪環状線のクハ103-850が証人です。


shi16a10.jpg


 約30分後に、4連の「ワイドビューひだ36号」が到着します(写真)。高山発、岐阜で「ワイドビューひだ16号」と別れ、大阪を目指します。


 もう少し撮っていましたが、その後ホテルに移動、宿泊しました。


shi16a11.jpg


 翌朝起床し、ホテルの無料朝食を途中で切り上げ、慌てて向かったのは、儀式1時間前のこの列車のため、「ワイドビューひだ25号」のためです(写真)。何枚か写真を撮ると、列車は出発しました。


shi16a12.jpg


 間のサンダーとかも当然撮ったのですが、今回の主題には合わないので、取り敢えずボツです。いつか、登載の機会があれば良いなあと思います。


 そして、今日の主役、「ワイドビューしなの9号」です(写真)。基本編成のA5編成が、付属のA203編成を従えます。


shi16a13.jpg


 向日町で窓の外を撮るのを忘れ、ガックリしていると、そのまま京都へ。そして米原で、JR東海の乗務員に交代します。


 そして、窓の外からは、先週の取材場所が見えています(写真)。今日は晴れたことから、ギャラリーが多数です。


 しかし、微妙なタイミングで、EF210牽引コンテナ貨物列車と行き違います。「貨物時刻表」によるとその列車は、東京貨物ターミナル発鹿児島貨物ターミナル行き、高速1071レらしく、ちょっとこのタイミングで!という感じもします。あと僅かということもあり、JR貨物にご協力頂けるよう、心から願うのみです。


shi16a14.jpg


 そして、名古屋で下車(写真)。私の旅は、ここまでです。


shi16a15.jpg


 2分で乗務員が交代し、11時00分、定時に長野に向け発車します(写真)。


 そして懲りずに名古屋で撮り鉄し、帰宅しました。


 JR発足から四半世紀が経ち、JR各社も「会社のカラー」が出てきました。東京でも長野でも、そして京都・大阪でも、車体が銀色でオレンジの帯が入れば、それは一目で「JR東海である」と分かります。まあ車両設計が保守的なのは置いておいて、会社のカラーで、「次回は東海へ、是非おいでください。」であれば、それで十分です。


 ただ、「しなの」の名古屋~大阪間は、それ以外の区間と比べ、少々利用が少ないのかな、という感じは受けます。一時はA100番代の編成を従え、グリーン車2両を含む10両編成であった頃から比べると、少し寂しい気はしますが、実際は名古屋で増解結したりしてもおり、韓国人のように「絶対乗り換えず、1日1本だけでも、その直通に乗る」訳でも無ければ、新幹線から乗り換えれば十分という気もします。しかも、岐阜以外は、全部新幹線停車駅ですし。まあ、妥当な判断であったのでしょう。


 「大阪しなの」の廃止で、名阪間を結ぶJR在来線特急は、消滅します。つまり、新幹線のみ、とのことです。ただ、JR西日本が関西線を全線電化すれば、近鉄「アーバンライナー」の牙城に切り込むことも可能だと思います。車両は、定期運用が「ふじかわ」「伊那路」のみとなり、団臨等にも使用される373系を使用するとか、方法はあるという気がしますが、かつて官線にダンピングで挑んだ忌まわしい関西鉄道の路線、非電化区間は線形も悪く、費用対効果の点でも問題があるのでしょう。せめてキハ85系ででも、とも思いますが、現実は厳しいです。


 極めて「鉄ちゃん的」に、「ワイドビューしなの」に乗りました。お許し下さい。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR