改正初日に

joh16d1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、城北線を取材しました。


 今日は、JRおよび関連線区のダイヤ改正初日です。一番の話題は、当然「北海道新幹線」開業で、今朝のテレビで新青森及び新函館北斗両駅の出発の様子を見ました。当然撮るためにはいい場所を占める必要がありますが、一般人は普通はあの中には入れず、報道関係者だけです。当然、列車も乗れません。


 地元に目を移すと、永く災害で一部営業停止していた名松線が復旧し、今日から全線で営業を始めています。またJR東海から国鉄形車両が全車引退し、営業全車両がJR化後に製造された車両のみとなりました。


 それに合わせ、JR東海傘下の「東海交通事業」運営の「城北線」は、営業車両が置き換えとなり、従来使用していたキハ11 200番代は先週さよなら運転を行い、同線から引退しました。そしてそれに代わる車両、キハ11-302が入線しました(写真)。この様子を見るために、今日は城北線を目指しました。


joh16d2.jpg


 城北線は、平日は朝夕のみ2両使用、土曜は朝のみ2両使用、それ以外は1両使用です。今日は土曜、朝は2両使用で、2両目の使用される時刻を目指し行きました。すると、その時間には、昨秋に入線した、キハ11-301が入線しており(写真)、これは目的の車両ではありません。間もなく発車、私は駅に残りました。



 暫くして、入線のアナウンスが入ります。そう、今回運用を開始した、キハ11-302が、やって来ました。その動画です。


joh16d3.jpg


 そして、停止位置で停止。同車は、記念ヘッドマークが装備されます(写真)。


 置き換えたキハ11-202は、19日に「さよなら運転」を行っており、以降運転したとは思われないので、多分デビューは22日と思われますが、運転開始後最初の休日を迎えました。


joh16d4.jpg


 メーカー及び所属会社のプレート(写真)。「新潟鉄工所 平成11年」はそのままですが、その上は「東海旅客鉄道」から「東海交通事業」の新しいプレートに変わっています。


joh16d5.jpg


 ATS標記のペイント(写真)。「S」から、「ST・PT」に書き直されています。


joh16d6.jpg


 所属標記の「海イセ」(伊勢車両所)は、そのまま残っていました(写真)。今後他の車両は「海ナコ」(名古屋車両所)に書き換えられるでしょうから、これは貴重となります。


joh16d7.jpg


 ステップ(写真)。301同様、埋められています。ドアは、低いままです。


joh16d8.jpg


 車内の様子(写真)。JR東海当時からほぼ変わっていませんが、トイレはJR東海車と同様に、現在使用中止です。


joh16d9.jpg


 車内のメーカーズプレート、車号のプレート(写真)。”NIIGATA 1999”が、そのままです。


joh16d10.jpg


 料金表示器(写真)。飯田線313系同様に、Windowsの、液晶2画面です。ただ、駅数からこの表示になっています。


joh16d11.jpg


 検車表記(写真)。検査切れまで、あと約2年あります。


joh16d12.jpg


 そして、枇杷島に到着(写真)。乗降後、折り返しの準備を始めます。


joh16d13.jpg


 発車の準備が始まり、反対側のヘッドライトが点きます(写真)。



 そして、枇杷島を発車します。その動画です。


キハ11-302下り列車での添乗音


 折り返しの、添乗音です。カミンズサウンドか、雑談か。


 これで記録を終え、一旦帰宅しました。


 今日は午後の予定があり、これで終えることとなりました。明日は、多分分かると思いますが、あそこへ行きたいと思っているので、ご期待下さい。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR