薄住の地

usuz16a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、樽見鉄道を取材しました。


 中部平野部での桜は先週がピーク、今週末は半分位葉桜になっています。しかし、まだ山間部は期待が持てる。そう、近くの三大桜銘木の「淡墨桜」は、まだ行っていないなあ、と思い、今週はそれに行くべく計画を立て、実行しました。写真は、その「淡墨桜」です(写真)。樽見鉄道のTwitterでも、5日に満開と書かれ、これは期待が持てる、と訪問しました。


usuz16a2.jpg


 午前は列車が混むので、早朝か、午後にと書かれていましたので、早朝に自宅発。迷わず、大垣に行きました。


 大垣駅7番線には、ハイモ330-701が停まります(写真)。残念、車庫の本巣行きです。


usuz16a3.jpg


 樽見鉄道は、15日まで「桜ダイヤ」で、樽見までの特別輸送体制になっています。次の列車、ハイモ295-516は、通常本巣行きのところ、「快速 樽見行き」になっています(写真)。これに乗車しました。


usuz16a4.jpg


 東大垣で、ハイモ295-516と行き違います(写真)。セミクロスシート、元三木鉄道(廃止)の車両、樽見鉄道入線後も暫く三木鉄道当時のまま走っていましたが、ラッピングがされました。


usuz16a5.jpg


 その先は、揖斐川橋梁です(写真)。幹線の橋梁が架け替えで不要となったものを転用しており、各地から寄せ集めた古いトラス橋が再利用され、そのため不揃いなのです。


usuz16a6.jpg


 そして、車庫のある駅、本巣へ。かつてセメント輸送があった時代には、DE10や14系一般客車が留置されましたが、現在は除雪等のモーターカーしかありません。その横には、SL時代の給水塔がありました(写真)。現役では無いと思われます。


usuz16a7.jpg


 そして、終点樽見に到着(写真)。機回しのための線路があり、終端は少し先です。


usuz16a8.jpg


 矢印に従い進むと、間もなく根尾川を渡ります(写真)。これが表題でも、良い気もします。


usuz16a9.jpg


 更に進むと、丘の上に桜があります(写真)。気になる桜です。


usuz16a10.jpg


 そして、坂の上には、お目当ての淡墨桜(写真手前)、およびそれの挿し木でしょう、二世(写真左奥)があります(写真)。元の淡墨桜は、樹齢1,500年とされますが、戦後一時樹勢が衰えたところ、若木の根数百本を繋ぎ回復したのだそうです。今年も、花を咲かせました。少し葉が出ていますが、明日なら間に合いそうです。


usuz16a11.jpg


 そして駅に戻ると、列車に乗る行列をしました。そして乗ったのは、さっきのハイモ330-701でした(写真)。この車両から20メートル級で、電気指令式ブレーキ、在来車とは非常時以外連結出来ません。


usuz16a12.jpg


 そして、この時期だけ水鳥、谷汲口、織部、モレラ岐阜で途中下車可能とのことで、谷汲口にて下車。コミュニティバスで谷汲山に行きました(写真、帰り道の撮影)。こちらも「さくらまつり」でした。


usuz16a13.jpg


 谷汲山は、西国三十三か所巡りの満願の地、谷汲山華厳寺のある場所です。歴史のある山門が、そびえます(写真)。この先に桜はありませんが、ここまで来たのですから、当然参拝しました。なお、緑色は葉桜では無く、モミジ(楓)です。


usuz16a14.jpg


 そして戻り、名鉄谷汲線(廃止)谷汲駅跡へ(写真)。揖斐川町施設「昆虫博物館」を併設していましたが、谷汲線廃止で駅ごと観光施設となりました。


usuz16a15.jpg


 同駅には、2両の保存車両があります。最初は、モ750形、モ755です(写真)。車内見学も可能でしたが、割愛します。


usuz16a16.jpg


 もう1両は、モ510形モ514です(写真)。大正生まれで人気の同車、現在老朽化で車内見学は不可能です。


usuz16a17.jpg


 黒野側からの眺め(写真)。1面2線の駅でした。


usuz16a18.jpg


 そして、コミュニティバスがタイミング良く来たので、乗車しました。


 旧谷汲村は鉄道が好きだったらしく、同駅にもオハフ503(国鉄オハフ33形)が保存されます(写真)。樽見鉄道で使用されたものの、引退し1両がここに来ました。


usuz16a19.jpg


 間もなく、列車が来ました(写真)。ハイモ330-702、新「モレラ岐阜」号、同線最新の車両です。これで大垣に戻り、JRに乗り帰宅しました。


 JRはICカードで乗り、樽見鉄道も温泉付きのフリーきっぷも選べるところ普通券であったので、行って帰ってとなってしまい、寄り道はあまり出来ませんでしたが、今回も花見が出来、良かったと思います。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR