次はどっちだ!

 名鉄5300系VS名鉄6000系、今度はどちらから廃車が出るのでしょうか。


 5300系は、非冷房SR車であった5000系及び5200系の部品を再利用し、5700系相当の冷房車体を新製、冷房化を推進した系列です。2ドア転換クロスシートの、従前から名鉄の理想としてきたスタイルで、かつての名車7000系「パノラマカー」もこの流れをくむ車両です。当然足回りも少々古く、改造後台車を履き替えたりしてきましたが、既に一部は廃車となっています。車体はともかく、足回りから考えれば当然という感もあります。現在は、普通を中心に、一部全車一般席特急の運用に5700系と共通運用で使用されます。


 一方6000系は、名鉄初の3ドア車、以降の名鉄のスタイルを確立した車両です。名鉄各線で慢性的に発生していた朝ラッシュ時の遅延を、一気に解消した車両で、着席に関する不満は多いものの、名鉄にとっては孝行息子です。時期的には5700系とクロスするものの、5000系、5200系、及び今は亡き大衆冷房車5500系に比べれば車齢は浅く、まだまだこれから、という感はあります。


 しかし、瀬戸線に転用された6000系は、初期形より新しかったにも拘わらず、既に全車引退し、鬼籍に入っています。瀬戸線の整備工場である尾張旭検車区が、塗装工程の無いということもありましたが、瀬戸線の6000系は、本線の6000系と比べてもくたびれ感が強く、結果4000系統一で全車廃車となっています。今後、喜多山高架化で緩急併合可能な施設となった場合、次の編成を4000系続番で製造するか、それともクロスシートの新系列(4200系?)となるかは、興味があります。


 本線系の6000系は、それを思えば整備は行き届き、まだまだ走る感じもし、また支線区のワンマン運用にも対応改造が行われた車両も多く、他の車両での置き換えは考えていないようにも見えますが、6800系の改造も難しくなく、安泰なわけでもありません。


 多分、現在名鉄社内でも、どちらを先に手を付けるか、そして、その代替車はどうすべきか、大議論になっていると思われます。それを、少し占ってみたいと思います。


 仮に、5300系を廃車させる場合、代替車は恐らく3300系を考えているのでしょう。確かに急行以下の運用は、ロングシートで何の問題ありません。しかし、全車一般席特急をそうするのは、どうなのでしょうか。やはり、インターシティーなのですから、首都圏私鉄のような通勤特急では問題があると思います。特急に(新)5000系を使ったり、3100系を使ったりしたのは確かに事実ですし、東海豪雨直後には3500系代走もあり、現行特急形2200系だって一般席は一部ロングシート、やりたいのは分かりますが、3300系現行の最終編成はオールロングシート、少し特急としては残念です。足回りは今後VVVF系列は特急形、一般形問わず同一でしょうから、3330系、あるいは(新)5500系といった番号で、3ドアでも何とかフル転換クロスシートの車両を期待したいのですが、どうでしょうか。


 1ファンとして勝手なことを書き、ほとんど勝手に出来上がっている感じもします(一部の鉄道雑誌には、そういう勝手に出来上がったファンのための、聞くに値しない意見の吐き捨て場があります)。しかし、5300系、続いては5700系及び6000系の処遇、という問題は、いずれ避けられないでしょうから、今から検討の余地はあると思います。朝ラッシュの慢性遅延を解消した6000系も、あと何十年も走る車両では無い、ということを気にかける必要があると思います。その発端が、瀬戸線なのです。


 正直、6000系には「猫跨ぎ」感がありましたが、改めてあの平凡な「ブルーリボン賞」受賞車、普通の「電車顔の電車」を、注目しないといけないのだ、と思います。いつ何時踏切事故に遭う、とも分からない訳ですし。「猫跨ぎ」は、要注意です。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR