触らぬ神に#5

kyus16e1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回も、九州です。


 6日夜に、国鉄佐賀線(廃止)筑後川橋梁の夜景を撮りました(写真)。58ミリ、どうでしょうか。


 そして、滞在先で夜を明かしました。


kyus16e2.jpg


 7日朝は、長崎県、南島原市から。島原鉄道水無川橋梁横に保存される、D3703(写真)。貨物用DLが、貨物廃止後入換動車として残っていた所、雲仙普賢岳災害があり、その復旧に貢献した機関車です。しかし復旧路線も部分廃止で、無駄になってしまいました。


kyus16e3.jpg


 そのキャブ(写真)。横向きです。凸型として当然か。


kyus16e4.jpg


 島鉄本社前まで行くと、現行のDC、2503Aが通過します(写真)。そのうち、島鉄もゆっくり来たいですね。


kyus16e5.jpg


 それは、隣の神社に保存される、C1201のためです(写真)。国鉄C12同形です。


kyus16e6.jpg


 そして、筑後川橋梁の、昼の姿(写真)。写りは、どうでしょうか。


 昇開の動画が撮りたかったのですが、桁は時間になっても上がりっぱなしで、残念でした。鬼門です。


kyus16e7.jpg


 三潴には、西鉄大川線(廃止)のSL、No.5があります(写真)。小さなタンク機で、路線跡はタイルで線路が描かれていました。


kyus16e8.jpg


 続いて、鹿児島本線旧線跡、海老津のアーチ構造物です(写真)。城山峠越え、当時はトンネルではありませんでした。


kyus16e9.jpg


 続いて、直方石炭記念館へ行きました。


 最初は、貝島32です(写真)。サイドの水タンクの形から、「コッペパン」なるあだ名もあるようです。


kyus16e10.jpg


 後は石炭車、ロト22です(写真)。リンク式の連結器のようです。


kyus16e11.jpg


 続いては、石炭車セム1です(写真)。二軸で、最初の石炭車であることから、この形式番号のようです。


kyus16e12.jpg


 その前は、C11 131です(写真)。国鉄制式機です。


kyus16e13.jpg


 続いて、宮若市の資料館へ。貝島22が保存されます(写真)。これも、サイドタンクが特徴です。


kyus16e14.jpg


 その後は、ロト12です(写真)。上から積み、下に下ろす形のようです。


kyus16e15.jpg


 続いては、小竹町の公園にある、貝島23です(写真)。これも、同じです。


kyus16e16.jpg


 その後も、ロト39、同じです(写真)。


kyus16e17.jpg


 最後は、田川市石炭・歴史博物館の、59684です(写真)。9600形、国産初の大型SLです。


kyus16e18.jpg


 後は石炭車、セ1201でした(写真)。


 そして、滞在先に向かいました。


 ここにいるということは、当然そのイベントのためです。さあ、大丈夫でしょうか。


 それでは、次回をお楽しみに。


コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR