Falling Down#2

omiy16b1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、大宮のイベント後半戦です。


 試乗会を終えた私は、JR東日本の区域に戻ります。


 そう、最初はEV-E301系です(写真、EV-E300-1)。通称”ACCUM”、蓄電池電車、烏山線で使用される車両です。そのために、烏山には給電施設が設けられました。


omiy16b2.jpg


 建屋の中では、宇都宮線用205系、クハ205-612で、車掌体験が行われていました(写真)。


omiy16b3.jpg


 奥の検修工場では、E257系、E259系、E231系が整備中でした(写真)。


omiy16b4.jpg


 台車工場では、台車組立を行っていました(写真)。時間が掛かることから、組立と被せを分割し、2部構成となっていました。展示用実演だから、失敗しても良い、ということにはなりませんし。


omiy16b5.jpg


 続いて、保線車両展示では、先ず「電気レスキュー車」が展示されます(写真)。電気トラブル時に駆けつける、軌陸車です。


omiy16b6.jpg


 続いて、架線保守用の軌陸車、「マジックボーイ」です(写真)。ヘルメットをかぶりハーネスを付けた子供を、荷台で高く上昇させる体験を行っていました。


omiy16b7.jpg


 キハ391の前頭部(写真)。ガスタービン車、減速機が課題、と言っているうちに、オイルショックで原油が高騰、そのまま開発中止になってしまいました。


omiy16b8.jpg


 EF58 154の動輪(写真)。スポーク動輪です。今の一体型車輪とは異なります。


omiy16b9.jpg


 EF60 47の、前頭部カットモデルです(写真)。結局同機は、貨物機となりました。


omiy16b10.jpg


 EF63 13のカットモデルです(写真)。碓氷峠のシェルパ、その最期の姿です。


omiy16b11.jpg


 双頭連結器(写真)。客車、貨車、気動車及び機関車用の自動連結器と、電車用の密着連結器の両用の連結器、EF63の主要装備の一つです。


omiy16b12.jpg


 ジャンパ栓(写真)。これがあるから、機関車列車とも、電車とも協調制御が出来ました。これも主要装備の一つです。


 そして、食堂でカレーを食べ、退場しました。


omiy16b13.jpg


 エントランス南側歩道沿いの、D51 187です(写真)。同センターの前身、鉄道省大宮工場の製造です。


omiy16b14.jpg


 エントランス北側歩道沿いには、カットモデルが並びます。


 一つは、EF15 168です(写真)。デッキが無く、イメージが沸きませんが、デッキは先台車に乗っており、車体ではありません。


omiy16b15.jpg


 もう一つは、EF58 154です(写真)。いわゆる「青大将」塗色、東海道全線電化時の主力旅客機関車、デッキ部に車体を延長し、湘南顔の車体に載せ替えられました。余ったボディはEF13に使用され、同機は凸型から箱形となりました。


 この方向は、「鉄道博物館プロムナード」となっており、数百メートル歩くと、同館があります。当然、行きましたが、更に長くなるので、再び水入りとします。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR