Forget Forgot Forgotten#1

touh16a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsuをお届けします。今回は、東北に来ています。


 木曜晩に自宅発。長距離移動して、金曜日の昼に、秋田県に入ります。


 そして、行きたかったのは、秋田市の仁別森林博物館。エントランスでは、ボールドウィンが迎えています(写真)。


touh16a2.jpg


 その、キャブ(写真)。糸が張られているのは、テグスで、鳥害対策だそうです。


touh16a3.jpg


 中に入ります。一番の展示は、酒井製作所製8tディーゼル機関車で、このクラスのボギー式機関車では、唯一の現存車とのことです。


touh16a4.jpg


 キャブ(写真)。後付けのモニターが付いています。


touh16a5.jpg


 裏に、幾つかあるとのことで、案内して貰いました。


 最初は、集材車(写真)。軌道を走り、目的地では接続を切り替え、機関をウインチにして集材することが出来る車両です。協三工業製です。


touh16a6.jpg


 続いては、集材機です(写真)。金属台車に載せられ牽引され、目的地では足下にコロを当てソリのように走るウインチです。


touh16a7.jpg


 同じく、別の集材機が、木製台車に載せられています(写真)。


touh16a8.jpg


 バラスト散布車(写真)。本来は台車に載せられ、目的地で下から降ろすホッパ車の様な車両でした。


touh16a9.jpg


 通り道に、何と由利高原鉄道の気動車、YR-1501が、置かれています(写真)。外側に布が張られ、補修される様子です。


touh16a10.jpg


 そしてその後、行きたい場所があって行ったのですが、長くなるので別稿とします。


 今日は、弘前から。弘前市の公園に展示される、D51 892です(写真)。


touh16a11.jpg


 キャブ(写真)。焚き口は、子供が入るからか、封鎖されています。入って、出られなくなれば、解体しかありません。


touh16a12.jpg


 続いて、中泊町へ。同町の博物館には、森林鉄道のDLが保存されます(写真)。協三工業製です。


touh16a13.jpg


 キャブ(写真)。アクセルに、ハンドブレーキ、簡易軌道の車両です。


touh16a14.jpg


 その先には、津軽鉄道オハ311、313を模したというコーナーがありました(写真)。車体のカットのように見えます。ダルマストーブが、特徴です。


touh16a15.jpg


 津軽鉄道の、出札口を模したコーナー(写真)。雰囲気が、出ています。


touh16a16.jpg


 その反対側には、出札係員の切符を準備するようになっています(写真)。上には、車両メーカーのプレートもありました。


 そして、同館を後にしました。


touh16a17.jpg


 今日の最後は、芦野公園の酒井製作所製DLです(写真)。木製客車は不審火で燃えてしまい、台車のみです。


 そして、今日の滞在先に向かいました。


 秋田から、弘前に行くなら、鉄ちゃんなら、必ずあそこへ行きますよねえ!それが、次回の予告です。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR