Forget Forgot Forgotten#4

hokka16b1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回も、北海道からです。


hokka16b2.jpg


 今日も滞在先を発ち、向かったのは札幌。最初は、公園に保存されるナメクジ、D51 11です(写真)。


hokka16b3.jpg


 続いては、サッポロビール博物館に保存される9600形9643、後に日曹炭砿天塩に移籍して残った1両です。


hokka16b4.jpg


 そして、岩見沢市内の農園カフェにある、711系です(写真)。昨年は手前の畑一面が向日葵でしたが、今年は料理の素材にする野菜等になっていました。


hokka16b5.jpg


 続いて、万字線(廃止)朝日駅跡の、B20 1です(写真)。飽和蒸気式の戦時設計簡易入換機、現存は京都と2両のみです。


hokka16b6.jpg


 その前には、二種車止めと、9600形第三動輪(主動輪)が置かれます(写真)。主動輪は、連結軸が主連棒の分長く、またバランスの錘も多くなっています。


hokka16b7.jpg


 続いて、岩見沢市中心部の公園には、2両のSLが保存されます。


 1両は、C57 144です(写真)。


hokka16b8.jpg


 もう1両は、D51 47です(写真)。ナメクジです。


hokka16b9.jpg


 続いては美唄市、三菱美唄鉄道(廃止)東明駅跡の、三菱美唄2、元4110形です(写真)。0E0の軸配置、板谷峠や肥薩峠等の峠越えに使用された同形、現存はこれのみです。


hokka16b10.jpg


 同機のキャブ(写真)。左機関士ですが、基本的にはバックで使用されました。


hokka16b11.jpg


 続いて、上砂川のスユニ60 218、昭和30年に日本車輌本店(名古屋)で鋼体化改造された荷物客車が保存されます(写真)。


hokka16b12.jpg


 その横には、直角にヨ8000形が保存されます(写真)。


hokka16b13.jpg


 続いて、芦別へ。三井芦別鉄道(廃止)、炭山川橋梁には、夏期にはDD501牽引石炭貨物列車が引き出されます(写真)。しかし、写真で撮るには、現在はこちら側に歩道が無く、なかなか難しいです。なお、貨車は石炭車セキ3000形セキ3820です。


hokka16b14.jpg


 続いて、滝川市の公園にはD51 297が保存されます(写真)。


hokka16b15.jpg


 続いて、深川市の公園には、2両の保存車があります。


 1両は、D51 312です(写真)。


hokka16b16.jpg


 もう1両は、C58 98です(写真)。


hokka16b17.jpg


 続いて、留萌市の公園には、D51をミカドからバークシャーに改造したD61、僅か6両のうちの1両、3号機が保存されます(写真)。現存はこれのみです。


hokka16b18.jpg


 そして少し足を伸ばし、増毛へ。現在の留萌本線の終点です(写真)が、残念ながら留萌~増毛間は廃止が決定しており、残念です。駅舎は、表題のとおり委託駅となっています。


 そして、今日の滞在先に向かいました。


 本当は、ここまで鉄道で来るのがベストなのですが、諸事情が許さず、残念です。そのうちに、日程を気にせず乗車できると良いのですが。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR