Forget Forgot Forgotten#9

hokka16g1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、遂に北海道遠征最終回となりました。


 滞在先を発ち、向かったのは帯広市内、「トテッポ通り」の十勝鉄道No.4です(写真)。日本車輌初期の製作です。


hokka16g2.jpg


 これに従う客車はコハ11、木製の客車です(写真)。規格は、軽便鉄道です。


hokka16g3.jpg


 続いて、国鉄広尾線(廃止)愛国駅には、19671が保存されます(写真)。もう少し南もありますが、都合で断念しました。


hokka16g4.jpg


 続いて、音更町には、3両の保存車があります。


 最初はジョルダン式除雪車、キ700形キ704です(写真)。


hokka16g5.jpg


 その後には、カットモデルとなった48624があります(写真)。


hokka16g6.jpg


 その後は車掌車、ヨ4730があります(写真)。


hokka16g7.jpg


 その北、糠平湖には、国鉄士幌線(廃止)旧線タウシュベツ橋梁があります。ダム建設で水没するため、付け替えられるも、廃止となりました。この日は頭が覗いているだけで、アーチは見えませんでした(写真)。


hokka16g8.jpg


 続いて、拓殖鉄道(廃止)鹿追駅跡の8622です(写真)。国鉄払い下げ機と思われます。


hokka16g9.jpg


 そして、新得町のD51 95へ(写真)。ナメクジ最終期の車両です。


hokka16g10.jpg


 翌日、南大夕張へ。ここには三菱大夕張鉄道関連車両が保存されます。


 まずは、線路前に並ぶ軌道自転車、モーターカーです(写真)。


hokka16g11.jpg


 続いて、これもモーターカーのようですが、ブルーシートを被り、詳細は分かりません。


hokka16g12.jpg


 続いてはラッセル車、キ1です(写真)。国鉄キ100形です。


hokka16g13.jpg


 その後は、スハニ6です(写真)。手前側に荷物室があります。


hokka16g14.jpg


 続いては、オハ1です(写真)。同鉄道最長の車両だそうです。


hokka16g15.jpg


 次は、ナハフ1です(写真)。緩急車です。


hokka16g16.jpg


 その更に後は、セキ1です(写真)。石炭を積み床下から落とす方式です。


hokka16g17.jpg


 同じく、セキ2です(写真)。


hokka16g18.jpg


 そして最後は、三菱鉱業バスです(写真)。


 そして、港からフェリーに乗りました。この切符を忘れ、一旦帰宅したのでした。


 秋田から始まった、長い遠征でした。仕事ボケをしないよう気をつけたいと思います。


 次回は、多分来年になると思いますが、もっと生きている車両や、乗車に重きを置きたいと思います。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR