The Oversleep#1

joh16e1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、城北線関連を取材しました。


 今朝は早く起き、朝練の後取材の予定であったのですが、やはり丑寅の設定は厳しい。気付けば2時間後で、目覚ましも全く役に立たず、呆然でした。


 仕方が無いので、朝練をしない当初予定で行動。先ずは、最寄り駅を目指します。


joh16e2.jpg


 そして、カードゲットの後、JR東海道線で枇杷島へ。城北線です。基地は勝川、一番列車がやって来ましたが、1番線と見事にフラれました(写真)。


joh16e3.jpg


 間もなく、貨物線を、DD51 1156と890の重連が、コンテナを牽き通過します(写真)。


 一時ほぼ800番台で充足していた愛知区のDD51運用も、鷲別区出身の旋回窓、北海道用の酷寒地形500番代(1001は799の続番)が入線しています。彼の地ではDF200が充足し、DD51は引退しました。


joh16e4.jpg


 先ずは押さえておきたい、外観変更が行われた、キハ11-302(写真)。オレンジのフィルム帯が、JR当時と変更されました。日曜運休の、朝の臨時便に使用されます。


joh16e5.jpg


 小休止、準備の後折り返し下り運用に就きます(写真)。


joh16e6.jpg


 合間に、EF64 1043単機のコンテナ貨物が通過します(写真)。中勾配用EF64と平坦用EF65、歯車比は同じなのだそうです。


joh16e7.jpg


 神領区の313系、B515+B518+B509の6連回送が、貨物線を通過します(写真)。武豊線運用は、大垣経由なのでしょうか。


joh16e8.jpg


 EF66 26牽引コンテナ貨物が通過します(写真)。「ニーナ」は有名ですが、もうEF66の最若番位ではないでしょうか。


joh16e9.jpg


 そして、何運用も待って、城北線定期列車キハ11-301が、枇杷島2番線に入ります(写真)。比較のためにも、是非撮りたいと思っていました。こちらは、JR当時から変更ありませんが、今後同様に改められる計画のようです。


joh16e10.jpg


 そして、こちらも小休止の後勝川に向け出発します(写真)。


joh16e11.jpg


 そして、枇杷島から、次の目的地を目指します。


 やはり注目すべきは、神戸の川崎重工にDF200が1両帰っていましたが、同機らしい機関車が、「DF200-223」として、愛知区の建屋前に停まっています(写真)。200番代、新製したなら23両もあるというのは不自然ですので、23号機を対応改造したものと思われます。


joh16e12.jpg


 折り返し、清洲近くでは、キヤ95を見かけました(写真、キヤ95-102)。


joh16e13.jpg


 中間車、キサヤ94-2は、軌道検測車(写真)。同車は、走行用以外に軌道検測用の中間台車を装備し、車長も通常20メートルのところ18メートル級、やや短いです。


joh16e14.jpg


 そして、名鉄神宮前で列車を待っていると、横の東海道本線を、銀色に緑帯の、アルミ電車が甲種輸送されます(写真)。


joh16e15.jpg


 どこの車両かと思っていると、「16028」が確認できたので、東京メトロ16000系第28編成、下松の日立か神戸の川重か分かりませんが、納車のための甲種輸送でした。行き先は、綾瀬の筈です。


 途中を飛ばしていますが、その話は長くなるので、次回とします。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR