The Oversleep#2

aik16a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日2回目の”Tetsu”をお届けします。今回は先回の続き、JR稲沢、愛知機関区です。


 枇杷島での撮影を終え、稲沢へ。途中で”Red Bear”を見つけいい気になっていると、間もなく駅に着きます。


aik16a2.jpg


 JR貨物愛知機関区には、主に中央西線、及び関西線方面の貨物用機関車が配属され、他東海道本線貨物牽引機が多数停泊する区となっています。


 国鉄色EF64の横には、DE10 1723、同1750、その後には、引退進むJR形電機EF200-10が停まります(写真)。


aik16a3.jpg


 横には、DD51 1804、及び800番台切抜文字機(機番不明)が、重連で停まります(写真)。


aik16a4.jpg


 DD51 1028が停まります(写真)。後にはDF200 223が見えています。


aik16a5.jpg


 EF64 1022(写真)。まだまだ、大丈夫です。


aik16a6.jpg


 EF64 1009(手前)、1003(奥)の重連(写真)。中央西線山線運用から帰ってきたのか、それとも出発前か。


aik16a7.jpg


 DD51 1156(写真)。「赤影」、鷲別組です。


aik16a8.jpg


 DD51 1146(写真)。旋回窓の500番代、中央にSGがあるのでしょうか(800番台は死重)。


aik16a9.jpg


 DD51 1802(写真)。800番代899の次が1801、その次です。後には、微妙なEF64 1006が見えています。


aik16a10.jpg


 EF64 1041(写真)。どうでしょうか。


aik16a11.jpg


 DE10 1165、その横にはDD51最終号機1805が、エンジンをかけスタンバイしています(写真)。DE10には、この後機関士が乗り込み、機関を起動しました。


aik16a12.jpg


 EF64 1033(写真)。この辺りから、状況は微妙になってきます。


aik16a13.jpg


 DD51 893(写真)。かつては元気であった同機も、遂にこの位置に来てしまいました。


aik16a14.jpg


 DE10 1546(写真)。切り抜きナンバーの同機、命脈は風前の灯火です。


aik16a15.jpg


 DD51 856(写真)。運用札には何も入っていませんが、ヘッドライトは電球がなく、再稼働は相当に困難でしょう。


aik16a16.jpg


 EF64 1038(写真)。運用札に「一休車」が入り、今後「二休車」「保留車」となり、引退に近づいています。


 そして、来た道を戻りました。


 国鉄色EF64 0番代を求めたのは最近のように思いますが、更新色も既に亡く、それを追い立てた1000番代も多数廃車となる現在、やはり時代は変わったと感じます。


 また、2年前DD51は最終全検を終え、あと数年で全車検査切れで廃車です。鷲別区のカマを寄せ集め、最後の活躍となっていますが、夢はもうすぐ終わる、というのを強く感じます。関西線も、電機とDF200という方向性が見え、いよいよなのですね。SLファンには憎い敵役も、お別れの時が近づいています。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR