Thumb Up

kasm16d1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回も、再び笠寺ネタです。


 昨日夏休み最終の下り列車、そして今日最終の上り列車が運転される、夜行快速「ムーンライトながら」。今日も、行くところがあろうに、それを蹴って未明の笠寺を目指しました。


 そのため、昨晩は酒を断ち、寝ずに未明発。貨物駅は、夜間照明も消えており、本当に休憩時間なのが分かります。


kasm16d2.jpg


 間もなく、貨物列車が通過(写真)。特徴から、EF210ですが、機番は不明です。


kasm16d3.jpg


 そして、4時に、貨物駅の照明が点きます(写真)。多少、光量が増え、気休めにはなります。


kasm16d4.jpg


 続いて、貨物列車がやって来ます(写真)。EF210です。


kasm16d5.jpg


 東側の新幹線高架上り線を、点検車が走ります。上り方向です。


kasm16d6.jpg


 およそ10分おきに、貨物列車が通ります(写真)。EF210です。だんだん、セッティングを固めていきます。


kasm16d7.jpg


 次も、EF210です(写真)。


kasm16d8.jpg


 その次も、EF210です(写真)。


kasm16d9.jpg


 続いて、EF210です(写真)。


kasm16d10.jpg


 またしても、EF210です(写真)。正に、東海道~山陽筋の主力となっています。


kasm16d11.jpg


 EF66 114が、通過します(写真)。次位にEF64 1000番代が、無動力で連結されます。この列車は、JR貨物大宮車両所からの、愛知機関区への機関車の送り込みに使用されているようです。


kasm16d12.jpg


 そして、夜明け前の、微妙な光線の時間がやって来ました(写真)。もう少しで日の出です。


kasm16d13.jpg


 暫くして、踏切鳴動、笠寺駅3番線に、185系が据え付けられます(写真)。お目当ての夜行快速「ムーンライトながら」です。間もなく、踏切が鳴り止み、遮断機が開きます。歩道橋を降ります。


kasm16d14.jpg


 ホームには、C7+B5編成、10連が据え付けられています(写真)。可能な限りシャッターを切ります。


kasm16d15.jpg


 向きを変えて、一枚(写真)。踏切が閉まっている時は、この向きしか切れません。


kasm16d16.jpg


 そして、約10分の運転停車の後、踏切が降り、列車は発車します(写真)。


kasm16d17.jpg


 通過後、再び遮断機が上がります。後追いで、もう一枚(写真)。もう2歩中に入った時には、すでに遠く、500ミリでも不十分でした。


kasm16d18.jpg


 合間に、新幹線下り線を、点検車が通過します(写真)。


 今回覚えたのは、「親指AF」と、AEのMモードへの移植、則ち「AEコピー」とでもいう行為です。AFの暴れも無くなり、露出計の不意の誤動作も減り、ファインダー内水準器を、歩道橋の柵で支えを取りながら有効に使い、VRと併せ手ブレも軽減、ほぼ暗闇でも何とかいけるようになりました。カスタムは4つ登録できるので、2つ目に入れました。


 家に帰り、代理人にも同じ設定をしようと思ったら、AF-ONボタンがありません。一つグレードが下がっているからですが、多分AE-Lボタンをカスタムで切り替えるのでしょう。早速試してみたいと思います。


 今まで我流で写真を撮り、自分なりに失敗を研究し、再度失敗しないようにしていますが、どうせ撮るなら上手い方が良い。構図はまだまだ初心者ですが、最近は「鉄道写真の撮り方」の本を読み込んでおり、実際にプロの経験から得た技術を、一つずつ試しています。やっと今回ある程度マスターできましたが、正直もう一回撮り直せたらなあ、と思います。当然冬は無理ですので、また来年、ということです。もう少し、技術を磨きたいと思います。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR