みやこ人

kyoo16a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、京都を中心に取材しました。


 保存車両を撮り始めて、一番難しいと思ったのは、やはり、京都です。昔からの街で車の入れない街路も多く、行きにくいというイメージが強く、なかなか決断が出来ませんでしたが、遂に今週末に行きました。


 先ずは、市街地のビル内にある、N電No.28です(写真)。中に入るには時間が悪く、困難でした。


kyoo16a2.jpg


 続いて、平安神宮の庭園にある、京都市電2です(写真)。庭園の入場料が必要です。


kyoo16a3.jpg


 続いて、南禅寺の琵琶湖疏水インクラインです(写真)。舟用の台車に、舟が載っています。舟の荷物まで、復元されたものです。なお、台車は、ボギー車です。


kyoo16a4.jpg


 上流側の眺め(写真)。一定勾配で登っているのが分かります。


kyoo16a5.jpg


 勾配の途中に設けられた、トンネル(写真)。レンガ積みのポータル及び内部になっています。


kyoo16a6.jpg


 そして、その下側には、インクラインの終点があります(写真)。ここから舟が水から上がり、台車で牽かれました。


 明治期から舟運のために使用されたインクラインも、鉄道、及び道路の整備で、利用が廃止され、遺構が残ります。


kyoo16a7.jpg


 洛中の、教会併設の幼稚園にあるとされる京都市電は、発見できませんでした。


 続いて、専門学校敷地内にある京都市電、左1801、右2603です(写真)。


kyoo16a8.jpg


 続いて、公園に置かれる、京都市720です(写真)。半分建造物で、反対側はプロテクターの金網が張られています。


kyoo16a9.jpg


 中心街の、別の幼稚園にあるとされた京都市電も、道幅があり発見できませんでした。


 そして、洛北の交通公園へ。京都市電1860は、保存状態が悪かったのか、撤去されました(写真)。


kyoo16a10.jpg


 隣の、N電No.6は、状態が悪いながら、残っています(写真)。正直悪戯が酷く、今後が危ういです。


kyoo16a11.jpg


 その隣、加悦鉄道C150形C160、及びヨ6720は、あります(写真)が、こちらも要注意です。


 京都の最後は、洛西の「SL公園」で終わる予定でしたが、その公園自体が無くなり、家が建ち、跡形ありませんでした。


kyoo16a12.jpg


 続いて、大阪市東淀川区の、EH10 61です(写真、1位側)。日本初の2車体ELでしたが、現存はこれだけです。


kyoo16a13.jpg


 同機の、2位側(写真)。旧式機と新式機の橋渡しをした同系式でしたが、保存機がこれだけなのは、惜しいです。


kyoo16a14.jpg


 そして、大阪城内の施設に保存される、C58 66です(写真)。コンビニの奥にあり、気にして眺める人は少ないです。裏側は、業務用立入禁止です。


kyoo16a15.jpg


 同施設前には、スポーク動輪、68660の主動輪のようです(写真)。


kyoo16a16.jpg


 続いて、西宮へ。金網の向こうのC11 311を苦心して撮りましたが(写真)、ミラーレスでも金網は如何ともし難いです。甲子園に近いため、昨日もプロ野球があり、駐車場所には苦労しました。


kyoo16a17.jpg


 そして、移動の最中に、弁天町を通り、閉館となった「交通科学博物館」の遺構が見えました(写真)。


kyoo16a18.jpg


 そして、夜を明かし、今朝は和歌山へ。今朝の最初は、C57 119です(写真)。


kyoo16a19.jpg


 隣には、南海和歌山市内線(廃止)321があります(写真)。施設建て替えで駐車場が閉鎖され、ここも大変でした。


kyoo16a20.jpg


 続いて、大移動、天理へ。天理駅前の、D51 691です(写真)。


kyoo16a21.jpg


 従えるのは、オハ61 930です(写真)。ミラーレスにぴったりの、ポイントがありました。


 これで今回のミッションを終え、帰途に就きました。


 昨日から、撮影中だけ晴れ、何とも運が良い!今日に至っては、ピンポイントで雨が止み、気分は高天原です。こんなこともあるのですね。


 これで遺漏も減り、ほぼコンプリートの雰囲気ですが、東京の、あの神社の、あのSLが大きいのか。機会を見つけ、解決したいと思います。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR