線路の上#4

hasa16a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、本日開催された「はんしんまつり 2016」を取材しました。


 例によって昨晩自宅を発ったわけですが、徹夜する程遠くなく、夜の過ごし方には苦労しました。


 そして、朝、会場へ。橋を渡って会場入口へ達します。


hasa16a2.jpg


 今回はサテライト会場があるのですが、そちらは見事ハズレました。そして、メイン会場も10時では無く、10時半入場の組でした。


 先ずは、青胴車(緩行用)、5334が目につきます(写真)。


hasa16a3.jpg


 その相方は、5331(写真)。阪神らしいスタイルです。


hasa16a4.jpg


 今年の阪神の最大の話題は、青胴車に新型車5700系が導入され、見事ブルーリボン賞を射止めたことです(写真、5702)その、受賞装飾もされています。


 線形が悪く速度向上が望めない線区での優等列車の時分確保には、緩行車両の高加減速性能が必要です。近鉄南大阪線の「ラビットカー」同様に、阪神は「ジェットカー」、銀色は伝統的に「ジェットシルバー」です。この車両も、その「ジェットシルバー」が愛称のようです。


hasa16a5.jpg


 中にも、入れます。


 先ずは、運転台(写真)。ワンハンドルマスコンではありません。左マスコン、右ブレーキは、普通の車両です。しかしブレーキハンドルは、交換できません。


hasa16a6.jpg


 車内(写真)。青系でまとめられています。


 今考えると、「ブルーリボン賞 2015」のプレートがあった筈で、撮るのを忘れていました。不注意です。


hasa16a7.jpg


 続いて、2輌連結のタワー車、「高所作業車」です(写真)。運転台の見学が可能でした。


hasa16a8.jpg


 2両目は、作業台を上げたり、横に出したりしています(写真)。こんなに細かな操作ができるのでした。


hasa16a9.jpg


 横には、緊急車両が停まります(写真)。1BOX車、機材を積むには都合良い車両です。


hasa16a10.jpg


 5700系5701は、記念撮影用に用意されます(写真)。灘も近いので、受賞記念日本酒もありましたが、一升瓶だったのがちょっと。やはり日本酒は美味しいのを、小瓶で、ちびちびと味わうのが好きなので、残念でした。


hasa16a11.jpg


 青胴車の中間車、5652です(写真)。中間運転台があるのか、正面用ライトが装備されます。


hasa16a12.jpg


 9210が、運転士体験で貫通路を開け展示されます(写真)。近鉄乗り入れ対応車両、優等用の赤胴車ではありませんが、黄胴車とは呼びません。


hasa16a13.jpg


 そして、東側のトラバーサは、乗車体験が出来ました(写真)。更にその奥で並べば、洗車体験が出来ましたが、都合で断念しました。



 その、動画です。最初の方は片道乗車で、そのまま洗車体験の列に並んでいました。


hasa16a14.jpg


 赤胴車でしょう、8243が、車体上げ用に準備されます(写真)。輝度差が非常に大きく、RAW現像で無ければ単なる失敗写真でした。



 車体上げの、動画です。油圧式では無くネジ式リフターを同期させ、仮台車を入れました。


hasa16a15.jpg


 工場内には、こんな機械がありました(写真)。フォークリフトのようでもありますが、フォークは無く、後部にも連結器が無く、全部には緩衝用の板があるだけです。車両や機械を押し出すための機械と思われますが、これは珍しいです。



 そして、もう一つの実演展示、台車の10tクレーンによる吊り上げの、動画です。軽々と運ぶ台車は、一つ約4t、外れれば大怪我です。


hasa16a16.jpg


 横では、車輪の形の理由を説明するために、平らな車輪と斜めの車輪を、レールに見立てた鉄の枠を転がし、体験する場所です。車両保守担当感涙ものの造作です。


hasa16a17.jpg


 今は減少しつつある、電動方向幕です(写真)。最近は全部LED幕車で、交換し余剰となったフィルム幕を、オークションにかける鉄道会社もあります。昔は、家庭用電源で自宅で操作できる方向幕装置を販売した例もありました。確かに、保存する場所に困ります。


hasa16a18.jpg


 最後は、阪神尼崎の駅からも見えますが、電動貨車、201及び202です(写真)。単独でも使える構造になっていますが、通所はペアになっています。202は、レール用か、クレーンが装備されます。


 そして、大方撮影したので、会場を後にしました。


 阪神のイベントは、3回目、だんだん規模が大きくなり、進化しています。次回のパワーアップにも期待したいですね。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR