臨港線(前半戦)

hrin16b1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、名古屋東臨港線貨物列車を取材しました。


 昔、同線の東海道(東海通)踏切で、通過するDE10を撮ったことがありますが、それから年月は流れ、牽引機はともかく牽引車両が変わり、現在を迎えています。


 そこで、その現在の姿を捉えるため、沿線に向かいました。


hrin16b2.jpg


 先週の工事地点を確認します(写真)。これなら、線路上は通過可能です。


hrin16b3.jpg


 続いて、ポイントを探す途中に、見つけた杭(写真)。「エ」では無く、鉄道省の前の組織である、工部省の「工」の略です。


hrin16b4.jpg


 そして、名古屋港の埠頭も近い場所に、その終端表示があります(写真)。高架道路の真下で、現在東臨港線は終わっています。なお、この高架道路は、「リニア・鉄道館」「ポートメッセ」「レゴランド」へのメインルート、金城埠頭に向け道が合流していきます。


hrin16b5.jpg


 その、高架上から、北方を眺めると、扉の奥、JR東海のレールセンターには、キヤ97の2連が、レールを積載し停まっています(写真)。今日の午後稲沢まで牽引されるのは、この2両です。


hrin16b6.jpg


 レールセンター入口を含めた、名古屋港貨物駅の全景(写真)。このような配線になっています。


hrin16b7.jpg


 暫くして、貨物列車、臨専用8660レが、貨物駅に到着(写真)。今日は牽引が2両では無く4両、キヤ97が2編成でした。


hrin16b8.jpg


 そして、入換が始まります(写真)。キヤ97のこちら側2両編成が切り離され、入線の準備をします。


hrin16b9.jpg


 そして、牽引機DE10 1723が、停止位置まで移動(写真)。


hrin16b10.jpg


 牽引されたキヤ97、手前3、奥103、則ち海ナコR3編成が、停まります(写真)。


hrin16b11.jpg


 そして、推進され、レールセンターに入っていきます(写真)。


hrin16b12.jpg


 そして、レールを積載したキヤ97の横で、停止します(写真)。


hrin16b13.jpg


 切り離し、DE10は戻ってきます(写真)。


hrin16b14.jpg


 続いて、海ナコR4編成を迎えに行きます(写真)。



 同じことを2回しても仕方ないので、折角でしたので、動画も撮りました。ブレは、ご容赦を。


hrin16b15.jpg


 そして、R3編成の南側に、R4編成を据え付けました(写真)。


hrin16b16.jpg


 そして、センター内で転線、レールを積載したキヤ97の方に移動します。


hrin16b17.jpg


 そして、連結、引き出します(写真)。


hrin16b18.jpg


 そして、終端で停止(写真)。キヤ97は、1及び101の海ナコR1編成でした。


hrin16b19.jpg


 折り返し、編成を推進、キヤ97を駅に据え付けます(写真)。


hrin16b20.jpg


 そして機回し、牽引すべくキヤ97の前方に移動し、出発信号を待ちます。


 このままここにいても、午後の出発を眺められるわけでも無いので、ここで帰途に就きました。


 まだ日は高く、勿体ないと思ったので、帰宅後再度出撃したわけですが、長くなるので水入りとします。


 それにしても、同じことを2回見ることが出来たのは、運が良い!一方は動画専門でも撮れ、良かったです。


 この場所は、地下鉄名港線築地口駅から徒歩数分、ボートピア利用者と間違われるので、車は停める場所に苦しいでしょう。くれぐれも、違法駐車はしないように。


 それでは、次回をお楽しみに。


コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR