臨港線(後半戦)

hrin16c1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日2回目の”Tetsu”をお届けします。今回は、名古屋東臨港線貨物、後半戦をお届けします。


 そのまま帰宅しましたが、まだ日が高く、じっとしていられないので、電車に乗り、その場所へ行きました。


hrin16c2.jpg


 その場所は、名鉄「山王」。かつて、「ナゴヤ球場前」と呼ばれたその駅は、ナゴヤドーム完成後今の駅名になりました。


 その線路上を、中央本線(西線)列車、海シンB514編成他が通過(写真)。合流地点です。


hrin16c3.jpg


 続いて、EF64 1036と1004「愛」の重連が、南松本方面に向け走ります(写真)。石油タンク車の貨物列車です。


hrin16c4.jpg


 行き違い、「ワイドビューしなの」海シンA8編成が通過します(写真)。


hrin16c5.jpg


 EF210-156「吹」が、単機で東海道本線下りを通過(写真)。「撮って下さい」と言わんばかりです。


hrin16c6.jpg


 そして、その場所に、その列車は現れました(写真)。DE10 1723、キヤ97を牽引しています。本線の信号を待っています。


hrin16c7.jpg


 暫くして、発車(写真)。姿が露わになります。


hrin16c8.jpg


 そして、本線に入線(写真)。後も見えてきます。


hrin16c9.jpg


 そして、通過します(写真)。稲沢に向け走ります。


 今日は天気も良く、稲沢~名古屋港間の臨専用貨物を捉えることが出来たのは、良かったと思います。特に前半は、2回入換が見られたのは、本当にラッキーでした。次回も頑張りたいと思います。


hrin16c10.jpg


 おまけ。名古屋港貨物駅から、少々の場所に、今は使われない「名古屋港跳上橋」があります(写真)。


hrin16c11.jpg


 跳ね上げ部(写真)。錘で釣合を取る構造になっていますが、現在これ以上近づくと、「部外者立入禁止」の工場内であり、問題が起きそうです。


hrin16c12.jpg


 跳ね上げ橋の降りる側(写真)。この場所に噛み合い、橋として機能しました。


 しかし、前後の線路は廃止され、この橋のみが遺構として残ります。撤去費用の問題もあるのでしょう。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR