The Bullet#3

bul16c1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、九州最終日です。


 先回は筑後川可動橋で終わっていますが、翌日、則ち昨日が稼働日では無く、結果断念。鬼門です。


 そして、昨日は、九州鉄道記念館に行きました(写真)。


bul16c2.jpg


 先ずは、車両から。クハ481-246です(写真)。元は貫通型の先頭車でした。


bul16c3.jpg


 キャブ後方から(写真)。貫通路が設定出来るよう、かつ運転台に侵入出来ないよう、上手に工作がしてあるのが分かります。


bul16c4.jpg


 続いて、キハ07 41です(写真)。初期の気動車、単行用の車両です。当時は、こんな感じでした。


bul16c5.jpg


 同車の運転台(写真)。機械式でエアブレーキは無いらしく、左に回転式ハンドブレーキ、切り替えのレバーが見えます。


bul16c6.jpg


 車内(写真)。木材が多用され、現在は靴を脱ぎスリッパを履き見学します。現在の気動車の「始祖鳥」のような祖先であり、貴重な産業遺産です。


bul16c7.jpg


 続いて、クハ481-603、元はクロ481-5でした(写真)。特急「あいづ」から、長崎本線佐世保行き特急「みどり」、格下げされ特急「にちりん」を表示します。座席は回転クロスシート、二時代前の特急普通席です。


bul16c8.jpg


 続いて、クハネ581-8、後に近郊化改造されクハ715-1を名乗り、現在の姿になります(写真)。塗色は、復元されました。


bul16c9.jpg


 運転台下の、貫通路(写真)。これがクハ481 200番代の元設計、クハネ583に続きます。


bul16c10.jpg


 室内の、寝台を畳んだ様子(写真)。近郊化改造後、寝台は使用されません。


bul16c11.jpg


 側面方向幕(写真)。寝台特急「月光」は、山陽本線当時の昼行特急「みどり」の折り返し運用、「真夜中は別の顔」です。


bul16c12.jpg


 続いて、14系寝台客車、スハネフ14 11です(写真)。寝台特急「富士」のテールサインを出します。


bul16c13.jpg


 寝台(写真)。モケットは、JR九州のものに張り替えられています。


bul16c14.jpg


 「九州鉄道記念館」本館(表題の写真)は、民間鉄道「九州鉄道」元本社屋、後に「門司鉄道管理局」となり、更に門司港近辺のビルに移転、JR九州の本社となるも、現在は博多になります。同館は、「登録有形文化財」の登録がされています(写真)。明治期のレンガビル、当然と言えば当然です。


bul16c15.jpg


 そして、再び保存車、C59 1です(写真)。熊本以北限定のためよく「みずほ」牽引機となり、記憶に残ります。「汽車会社(現在は川崎重工に合併)」製造2000号です。


bul16c16.jpg


 同館エントランスの、9600形59674です(写真)。いつも、黒光りしています。


bul16c17.jpg


 同館そばにある、九州鉄道0哩起点のモニュメント(写真)。中国人親子が、レールを跨いでいました。


bul16c18.jpg


 九州最後の写真は、EF30 1です(写真)。板バネの客車、オハフ33 488を従えます。


 レンズは、「究極の低倍率ズーム」ですが、完全逆光でゴーストはやむを得ません。この程度で済むのも、現代のレンズ加工技術です。


bul16c19.jpg


 そして、今ツアーの最後を、西岩国にしようと思いました(写真)。元は「岩国駅」として開業も、山陽本線のルート変更で現在の姿になります。


bul16c20.jpg


 しかし、岡山県で日没、入口になる、笠岡駅前の「井笠鉄道」(廃止)ホジ9が撮れました(写真)。


 図に乗って、下津井の保存車も、とは思いましたが、お土産を買うだけで、残念でした。


 そして、今日未明に帰宅しました。


 本当に、時間的にも、金銭的にも、余裕のある状態で組みたいのですが、特に時間が無く、残念でした。遺漏は、また次回です。


 それでは、次回をお楽しみに。


コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR