老人星

tagt17a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、愛知県北設楽郡設楽町田口に行きました。


 かつて三河田口までは、「鳳来寺鉄道」、後に一部国有化され飯田線に編入後、残りは「豊橋鉄道田口線」となり営業しましたが、災害等があり廃止となりました。鉄道ネタとしては、それがそうです。


 本来は、昨晩「星空観察会」があり、その関連で出掛け、ただ時間があったので、その前に少しお小遣いを稼ぎました。


tagt17a2.jpg


 久しぶりに昼間のドライブとなった昨日、豊田経由で山中に分け入ります。


 そして会場、奥三河総合センター前には、「田口鉄道」14が保存されます(写真)。「三河田口」の駅名標も保存されます。


tagt17a3.jpg


 下り方先頭(写真)。「清崎(三河田口)」を表示します。


tagt17a4.jpg


 上り方先頭(写真)。飯田線からの分岐駅で、始発の「本長篠」を表示します。


 本長篠駅は飯田線ホームが2,3番線ですが、これは駅舎前の1番線が田口行きだったからです。同駅には、田口線のスロープも残ります。


tagt17a5.jpg


 台車は、代表的な「イコライザー台車」で、前後のイコライザーが特徴です(写真)。


tagt17a6.jpg


 キャブ(写真)。路面電車並みの、簡易な装備です。


tagt17a7.jpg


 時間があったので、田口の中心街から下り、三河田口駅の方向に行きます。


 田口の中心街は台地の上ですが、鉄道がそんなところへ登れるはずが無い。駅は、少し下った、川沿いです(写真)。基礎が見えています。


 私鉄廃線跡を巡る、京阪電鉄役員の鉄道ファンが書いた本があるのですが、その取材時、平成に入っても、潰れかかった駅舎を見ることが出来たそうですが、その取材が原因か、現存しません。


tagt17a8.jpg


 線路跡は、清崎に向け続いています(写真)。現在は町道となっていますが、カーナビにも登録が無い道路で、強行は断念しました。


tagt17a9.jpg


 山側には、擁壁が残ります(写真)。ここに人工施設があった証拠です。


 話によると、ここから上流には森林鉄道が続いてとのことですが、遺構も含め現存しません。線路跡のような勾配のみです。


 災害が原因の廃止ですが、今の状況で、仮に復旧していても、その後も困難だったでしょう。駅も、中心街から少し離れており、ちょっとです。これだけ道路網が発達してしまうと、やはり車に乗ってしまいます。


tagt17a10.jpg


 そして、夜の星空観察会に参加しました。


 最初は、一番星、金星です(写真)。


tagt17a11.jpg


 その少し上に、赤い火星がありました(写真)。金星の、画像の崩れた姿が、端に映っています。


tagt17a12.jpg


 オリオン座の、帯の三連星の下、腰部の3連星の中央は、「オリオン座大星雲」です(写真)。羽根は、実物か、フレアか。


tagt17a13.jpg


 オリオンが、おおいぬ、こいぬを連れた、冬の大三角形です(写真)。ベテルギウス、シリウス、プロキオンです。


tagt17a14.jpg


 北を目指す星座、カシオペアです(写真)。星は、椅子に座ったまま逆さ吊りになる星座です。


tagt17a15.jpg


 北斗七星の、ひしゃくの部分(写真)。


 本当は「ポラリス」、則ち北極星を出したかったのですが、写真が不自然でボツとなりました。


 ケーブルレリーズを使うという基本も忘れ、手ブレ入りで撮りまくっていましたが、だんだん曇り、天気が良ければ南の空ギリギリに見える、「南極老人星」カノープスを見るということが出来ず、この観察会の最大の目的は達せられませんでした。恒星として、シリウスの次に明るい星ですが、南の空ギリギリであり、街中等明るいところでは見えず、星がよく見えるところで無いと見えません。残念でした。来年位でしょうか。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR