サクラサク#9

tanig17a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、昨日後半戦、谷汲を中心にお届けします。


 大阪を早々に切り上げ、次の目的地に向かいます。時間的に、「明日かなあ?」とも思いつつ、走らせます。


 そして、日が西に傾きかけた頃に、目的地に到着します。


tanig17a2.jpg


 それは、名鉄谷汲線(廃止)谷汲駅です(写真)。最初は黒野以遠であった廃止が、結局600V区間全部になってしまいました。元の駅舎は、廃止を前提に設計され、記念館になっています。


tanig17a3.jpg


 旧駅舎の、鬼瓦が展示されます(写真)。多くは社紋が入ったりしますが、これは無地です。


tanig17a4.jpg


 そして、旧ホームには、電車が保存されます。最初は、モ755です(写真)。黒野以遠廃止時に、設置されました。


tanig17a5.jpg


 車内はロングシート(写真)、主に揖斐線の黒野~本揖斐間で使用された記憶があります。


tanig17a6.jpg


 反対側の先頭(写真)。スカーレット一色です。


tanig17a7.jpg


 もう1両は、モ514です(写真)。丸窓電車モ510形の1両です。


tanig17a8.jpg


 車内(写真)。2+1の転換クロスシートです。


tanig17a9.jpg


 反対側(写真)。白赤の、ツートンです。元は、600V区間でも優等列車に使用されていました。


tanig17a10.jpg


 そして、谷汲まで来たわけですから、谷汲山華厳寺に行かないわけにはいきません。西国三十三か所の満願となる場所です。


 道を跨ぐ、コンクリート製のゲートで、ここから桜並木が続いています(写真)。


tanig17a11.jpg


 桜の盛りは過ぎ、「桜まつり」も先週でしたが、まだ桜は見られます(写真)。桜のトンネルになっています。


tanig17a12.jpg


 木製の、山門(写真)。重厚な木造建築です。


tanig17a13.jpg


 そして、参道を歩き、階段を登ると、そこに本堂があります(写真)。全景は、写せる広角レンズを持っていませんでした。


 そして参拝し、車に戻ります。


tanig17a14.jpg


 樽見鉄道谷汲口へ行きます。国鉄オハフ33形、改め樽見鉄道オハフ502が、桜の中に保存されます(写真)。


tanig17a15.jpg


 谷汲口駅(写真)。まわりに桜が植えられます。


tanig17a16.jpg


 枝垂れ桜(写真)。写り込みは、これ以上何ともなりません。


tanig17a17.jpg


 そして、樽見へ。淡墨桜を撮りに、行きました。


 この時期だけ有料の駐車場に停め、坂を上り、辿り着きました、淡墨桜(写真)。巨大な桜、根も支柱も沢山です。樹勢復活のため、若い根を接ぎ木し再生したとのことです。


tanig17a18.jpg


 その分家、「二世」です(写真)。こちらは元気です。


tanig17a19.jpg


 親子で、ツーショット(写真)。ピンクと言うより、淡い、白に近い花で、アンダーで色を強調するより、オーバーで明るく表現する方が良いようです。


 そして、帰途に就きました。


 桜巡りも、山間部まで盛りを過ぎ、葉桜を撮っても仕方ないので、近辺ではこれが限界のようです。今後東北や北海道まで桜前線を追って行くつもりも無いので、これが最終回のようです。ありがとうございました。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR