Far Away#1

kotos17a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、香川県を取材しました。


 金曜夜に自宅を出て、土曜に四国入り。メインイベントは土曜午後であったために、時間的余裕があり、寝不足の解消を。


 そして、体調を回復し、撮影開始。道の駅に保存される、琴電335です(写真)。


kotos17a2.jpg


 台車はイコライザー台車、昭和10年川崎車輛製の台車でした(写真)。


kotos17a3.jpg


 反対側へ(写真)。手入れはよく、美しく保存されています。


kotos17a4.jpg


 車内も見学出来ます。運転台(写真)。後付けの速度計が特徴です。


kotos17a5.jpg


 正面の窓の柱には、ATS関連の装備があります(写真)。


kotos17a6.jpg


 車内(写真)。少し古い電車です。木製品が多用され、床はリノリウムが張られますが、その下は木材でしょう。


kotos17a7.jpg


 反対側の運転台も、当然ですが同じです。マスコンは、今話題の米「ウエスチングハウス」社製です。


kotos17a8.jpg


 この道の駅の楽しみは、外周を琴電志度線が通っていること。その、撮影を試みます。


 電車の合間に、職員が線路を歩き、バケツの液体をレールに塗っています(写真)。急屈曲のカーブのため、油と思われます。


kotos17a9.jpg


 間もなく、電車が来ました(写真)。上り、631です(写真)。見てのとおり名古屋市営地下鉄、中間車の先頭車化改造車です。車体長16m級で、標準軌台車を履くことから白羽の矢が立ち、地下鉄では出来ない屋根にクーラーを載せ、冷房車として使用されます。


kotos17a10.jpg


 相方632が、通過します(写真)。これも、元中間車を先頭車化改造したものです。


kotos17a11.jpg


 暫くすると、下り列車がやって来ます(写真)。724、これも元名古屋市、元から先頭車の車両です。


kotos17a12.jpg


 相方723(写真)。これも元から先頭車ですが、後に1両繋いでいます。


kotos17a13.jpg


 増結専用の片運転台車、804です(写真)。これも名古屋市の電車、中間車の改造車です。


 琴電志度線は施設の都合で16m級3両が限界、そのため永く旧型電車が活躍しましたが、長尾線が20m級対応の施設改良を行い、そこで車両が捻出され、それで運用をを充当し、置き換えと冷房化を完了しました。


 すると、長尾線はどんな車両を使っているのかという話になりますが、それが今回の訪問の主目的、それは長くなるので、次回とします。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR