Far Away#5

kyus17b1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回も、九州からです。


 今朝も、滞在先を発ち、向かったのは加世田。南さつま市の中心街、かつての「南薩鉄道」後の「鹿児島交通」の中心駅でした。


 その名残で、駅跡のバスターミナルには、信号と駅名標、そしてSL4が保存されます(写真)。


kyus17b2.jpg


 奥には、DD1201が保存されます(写真)。


kyus17b3.jpg


 バスターミナルで断り、車庫の保存車両を見学します。


 最初は、SL2です(写真)。古いタンク機です。


kyus17b4.jpg


 その奥には、SL1が保存されます(写真)。撮影レンズにより、明るさが異なります。


kyus17b5.jpg


 隣の列には、カトー君が(写真)。「加藤製作所」製、現在同社は軌道車両を製造しません。


kyus17b6.jpg


 その後は、DD1102です(写真)。


kyus17b7.jpg


 隣の列には、単行気動車、キハ103があります(写真)。反対側に入れず、残念でした。


kyus17b8.jpg


 ここまで来たので、有料施設「南薩鉄道記念館」に入ります(写真)。大人200円です。


kyus17b9.jpg


 中には、写真のナンバープレート(写真)、他電話、閉塞信号機、保線機器他が保存されます。


kyus17b10.jpg


 加世田近くの運動公園には、SL12が保存されます(写真)。見てのとおり、国鉄C12形です。


kyus17b11.jpg


 続いて、出水駅前の、C56 92へ行きました(写真)。鎖が、開いていました。


kyus17b12.jpg


 折角なので、キャブに入ります(写真)。色はついていますが、水面計のガラスも割れず、状態はまあまあのようです。


kyus17b13.jpg


 C56のテールは、バック運転用に切り欠きがなされています(写真)。


kyus17b14.jpg


 そして高速で大移動、佐賀県、筑後川昇開橋まで来ました(写真)。閉鎖前で、可動部は上がっていましたが、その手前までは通れます。


kyus17b15.jpg


 そして、夜景を撮るべく待っていると、暗くなる前に雨がザアッと降り、20万以上のレンズが何本も濡れ、大変でした。


 そして、今日の滞在先に向かいました。


 加世田から雨は気になっていましたが、最高級レンズを、濡らすとは愚か者です。カビが生えないよう、願うのみです。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR