前線の行方#1

hokka17a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、北海道に来ています。


 金曜夜に自宅を発ち、深夜にフェリーへ、昨晩上陸しました。


 そして、今朝は、北斗市から。日本セメント上磯5、電気機関車です(写真)。二軸のEL、小さな凸型です。


hokka17a2.jpg


 続いては、豊浦町の施設に保存される、D51 953です(写真)。


hokka17a3.jpg


 次は、室蘭市、旧室蘭駅舎です(写真)。大型の木造建築、現在はバス待合室として使用されます。駅は、移転しました。


hokka17a4.jpg


 続いて、室蘭市の市施設に保存される、D51 560です(写真)。ここは、毎回雨の日に来ています。


hokka17a5.jpg


 室蘭市の工場に保存される、S-205です(写真、金網の外部から撮影)。


hokka17a6.jpg


 室蘭での撮影を終え、倶知安へ。大雨が、晴天に変わります。


 倶知安町の施設にて保存される、79615(写真)。9600形、2灯のヘッドライトでしたが、壊され片目を失っています。


hokka17a7.jpg


 倶知安町の公園に保存される、ヨ7913(写真)。車掌車です。


hokka17a8.jpg


 その隣には、オハフ46 501が保存されます(写真)。客車の500番代は、北海道仕様車です。


hokka17a9.jpg


 その横には、9669の主動輪が保存されます(写真)。


hokka17a10.jpg


 続いては、岩内線(廃止)幌似駅跡の、記念館です(写真)。旧駅舎を利用しています。今日は内部見学も出来ましたが、それは、別の機会にて。


hokka17a11.jpg


 ホーム跡には、2両の保存車があります。1両は、ワフ29587です(写真)。


hokka17a12.jpg


 もう1両は、スハフ42 507です(写真)。スハ43系客車、急行用ボックスシートの客車です。


hokka17a13.jpg


 次は、岩内町の公園に保存される、D51 159です(写真)。


hokka17a14.jpg


 そして、小樽市に保存される列車群を。


 最初は、D51 286です(写真)。


hokka17a15.jpg


 続いて、9600形59614です(写真)。いずれも、ナンバーがありません。


hokka17a16.jpg


 後には、スハフ44が2両繋がれますが、ナンバーはありません(写真)。


 この4両は、見てのとおりの状態で、今後が危惧されます。


 そして、今日の滞在先に向かいました。


 梅雨前線は、本州を北上すると、北海道、特に道東の霧となります。しかし、こちらは昼は真夏日並みで、どちらが本州か分からないくらいです。しかし、違いは夜間に現れています。避暑地ですね。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR