定点観測#3(サウナ風呂)

kasamo17b1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、再び笠寺へ行きました。


 一旦寝てしまうと、未明に起きる妙薬はありません。仕方が無いので昨日は徹夜し、予定時間に出発。路駐でも捕まる可能性は低いですが、駐車場の最後のスペースにねじ込み、事なきを得ました。


 しかし、不意に、雨が降り出します。慌てて車に戻り、傘を出すと、止んできました。しかし、湿度が上がり、状態は最悪でした。


kasamo17b2.jpg


 間もなく、EF210牽引貨物列車が通過(写真)。正面の塗り分けで分かりますが、車番は写らず、0番代か100番代かの区別もつきません。


kasamo17b3.jpg


 貨物駅には、EF210-173が、貨物列車と連結したまま待機します(写真)。


kasamo17b4.jpg


 間もなく、同機に機関士が入り、パン上げ、電気を点け、準備をしています(写真)。入換のようです。


kasamo17b5.jpg


 EF210牽引貨物が通過(写真)。シングルアーム、100番代のようです。


kasamo17b6.jpg


 EF66 100番代牽引貨物が通過(写真)。ゼロロク牽引貨物は、圧倒的に減りました。


kasamo17b7.jpg


 EF210 100番代牽引貨物が通過(写真)。車番までは読めません。


kasamo17b8.jpg


 EF210-127牽引貨物が通過(写真)。日の出が間もなくで、何とか読めました。


kasamo17b9.jpg


 貨物駅の、EF210-172が、編成から切り離され、入換を始めます(写真)。折り返し、西側の側線に入りました。


kasamo17b10.jpg


 EF210-122牽引貨物が通過(写真)。随分、明るさが変わってきました。


kasamo17b11.jpg


 間もなく、お目当ての「ムーンライトながら」185系が入線(写真)。間もなく、笠寺駅で運転停車します。


kasamo17b12.jpg


 歩道橋を駆け下り、踏切からのショット(写真)。カメラが一世代前なのが、分かってしまいます。


kasamo17b13.jpg


 そして、約10分の運転停車の後、列車が発車します(写真)。いつから、こんな写真を撮るようになったのでしょうか。


kasamo17b14.jpg


 そして、通過し、踏切からケツ打ちを(写真)。斜めストライプは、国鉄末期には斬新なデザインでした。


 そろそろ、「踊り子」も後継車の議論が始まりそうですが、651系で十分なのでしょうか?新機軸が欲しい感じはします。


kasamo17b15.jpg


 そして、再び停止する、EF210-172(写真)。次の運用を待っていますが、100番代も72両、正に東海道-山陽筋の主力機関車の地位は、揺るがないと感じます。


 先回から6日後で、同じ編成を撮ってしまいました。明日も、と行きたいですが、既にアルコールが入り駄目、以降は予定があり行けそうにありません。願わくば、もう一方の編成も撮りたいのですが、今年は残念です。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR