Jaipur#2

taka17a1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回も、岡山県からです。


 早々に津山を発ち、向かったのは、新見市、布原。JR伯備線の信号場で、ホームはあるものの列車は芸備線の列車のみ停まる、そういう駅です。近隣には家が1軒あり、その家の住民が使用しているのか。詳細は不明です。


 先ずは、下り線ホームです(写真)。


taka17a2.jpg


 少しいると、列車接近の放送が入り、警報器が鳴動します。列車は115系、G-07編成が通過(写真)。黄色の単色の編成です。伯備線では信号場の扱い、そのため通過です。


taka17a3.jpg


 踏切を渡り、下りホームを見ます(写真)。駅というより、乗降場の雰囲気です。


 なお、カーナビで目的地をセットしても、カーナビの地図が無い場所で、案内になりません。しかし、坪尻と違い、車が通れる道はありますので、安心して下さい。


taka17a4.jpg


 続いて、今回岡山で行きたかったのは、高梁市吹屋(写真)。銅山と弁柄採掘で繁栄し、現在でも鄙びた風景が広がるところで、一度カーナビ指示で通りがかったときに非常に強く記憶に残ったものの、場所を記憶せず、行く機会を失っていました。そこで、調査し、今回行くこととしました。


taka17a5.jpg


 先ずは、弁柄商人の家(写真)。この家は、白いですが、大きく立派な家で、内部は有料の資料館となっています。


taka17a6.jpg


 続いて、「ギャラリー吹屋」となる、古い家(写真)。


 ここの多くの家は、漆喰に弁柄が入っているらしく、ほとんどがピンク色の家です。雰囲気は、「ピンクシティー」の別名もある、インドのジャイプルと同じようですが、全部和風建築です。


taka17a7.jpg


 そのため、一般の民家のような家でも、みんなピンク色で、往時の繁栄を物語ります(写真)。


taka17a8.jpg


 旅館だった家(写真)。タイムカプセルに入っているようです。


taka17a9.jpg


 集落の南端、案内所(写真)。廃屋で倒壊寸前のところを修復し、あの水戸岡鋭治氏が内部のデザインをしたとのことです。


 近辺に鉄道は無く、カーナビ指示で偶然通りがかっただけで気になったところですが、古い町並みが残り、長駆移動しただけのことはありました。機会があれば、行くと良いと思います。


 しかし、同じ岡山県とはいえ、津山からは、本当に遠いところです。


taka17a10.jpg


 そのまま南に下り、帰っても良かったのですが、途中で気になるものを見かけ、結局1.5車線の道を戻ります。そして、その場所に行きました。


 真庭市久世の、遷喬小学校旧校舎(写真)。明治期の木造建築、平成に入るまで小学校として使用された建物です。


taka17a11.jpg


 廊下(写真)。やはり規格通り、北側に廊下、南側に教室があります。


taka17a12.jpg


 階段(写真)。左右の端にあります。


taka17a13.jpg


 教室(写真)。木製の立派な机と椅子です。しかし他の教室では、近代的なパイプ椅子の机と椅子が、大半でした。


 なお、この教室は、映画「三丁目の夕日」で、撮影に使用されたそうです。


taka17a14.jpg


 玄関部の2階が講堂です(写真)。ひな壇と、グランドピアノが設置されています。小規模校には、十分な施設です。


taka17a15.jpg


 1階に降り、校長室へ(写真)。机と、算盤と、金庫は、建築当時から使用されるものだそうです。


 使用される木材は松で、杉や桧ではないとのこと。結果、丈夫で長持ちしたとのことでした。


 布原の話を除くと、建築のブログのようですが、どちらも貴重だと思います。ただ、鉄道で行くのは、いずれも非常に困難です。そこが、悩ましいところです。


 それでは、次回をお楽しみに。


コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR