Jaipur#3

kasamo17c1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日2回目の”Tetsu”をお届けします。今回は再び笠寺へ行きました。


 岡山を早々に切り上げ、帰途に就くと、未明に戻ります。そこで、先週から奇数日後であり、「ムーンライトながら」に使用される、もう一方の編成を捉えられると思い、いつもの駐車場に入れます。そして仮眠しますが、熱帯夜には難しいことです。


 結局、カメラを持って外に出て、普段より1時間以上早く、ポイントに向かいました。


kasamo17c2.jpg


 すると、出くわしたのは、285系「サンライズ」でした(写真)。7連で、単独の編成であり、定期列車ならば14連ですし、岡山7時前にはとても間に合いません。帰宅後調べると、これは臨時寝台特急「出雲91号」で、大阪で7時前、以降普通列車と平行ダイヤで、昼過ぎに出雲市に到着する列車です。お盆の時期に2往復、昨日ともう1回です。


kasamo17c3.jpg


 続いて、EF210牽引貨物が通過(写真)。最高感度でも、パンタグラフが下枠交差か、シングルアームかは判然としません。


kasamo17c4.jpg


 その横、貨物駅には、EF210 116が、コキを従え停泊します(写真)。


kasamo17c5.jpg


 EF210牽引貨物が、通過します(写真)。下枠交差パンタグラフですが、100番代にもあり、車番不明です。


kasamo17c6.jpg


 貨物駅の116号機が、パン上げ、移動の準備を始めます(写真)。一旦2パンにして、後方を下げました。


kasamo17c7.jpg


 EF210牽引貨物が通過(写真)。シングルアームパンタで、確実に100番代です。


kasamo17c8.jpg


 EF66牽引貨物が通過(写真)。当然100番代です。


kasamo17c9.jpg


 続いてもEF66 100番代牽引貨物が通過します(写真)。お盆ですが、貨物は多いです。


kasamo17c10.jpg


 本線の合間に、EF210 116が入換灯、ヘッドライトを点け、入換を開始しします(写真)。機関車のブロアの音と、VVVFのインバーターの音と、ミスマッチとも言える不思議な音を立て、走行します。


kasamo17c11.jpg


 そして、「ムーンライトながら」が到着します(写真)。階段を降ります。


kasamo17c12.jpg


 しかし、他方の編成を見られると思いきや、今回も再び、斜めストライプの宮オオB7編成他で、ハズレでした(写真)。また、同じ編成です。


kasamo17c13.jpg


 そして、約10分の運転停車の後、発車します(写真)。


kasamo17c14.jpg


 そして、後から(写真)。こちらのB4編成まで、全く同じです。残念でした。


kasamo17c15.jpg


 貨物駅では、先ほどのEF210-116が、再び休息に入ります(写真)。パン下げ、電源も落ち、完全停止です。


 期待もしていない「サンライズ」は大当たりでしたが、肝心の「ムーンライトながら」がまた同じで、今年はこれだけなのか。丁度今から行けば、もう一方も撮れそうですが、アルコールが入っており、車なら捕まるし、歩くにはあまりに遠く暑く、今年の夏は残念です。


 それでは、次回をお楽しみに。


コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR