ヘタレに始まり、ヘタレに終わる。

kasamo17d1.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、再び笠寺へ行きました。


 先回、奇数日ずらして狙ったものの、見事に外れて同じ編成を撮った、「ムーンライトながら」。そのため、今日は夏期休暇を取って、今朝の一発に賭けました。


 例の如く、未明の笠寺駅(写真)。最高感度での撮影です。


 踏切が鳴るので、貨物列車だと思うと、何と「サンライズ」の回送でした。不意打ちに写真は酷いものとなり、当然ボツです。JR東海車の、東京から大垣車両所への回送のようですが、番号も見えなかったので、断定的には言えません。


kasamo17d2.jpg


 早速、貨物列車がやって来ます(写真)。牽引機はEF66 100番代ですが、車番は不明です。


kasamo17d3.jpg


 続いて、EF210牽引貨物です(写真)。下枠交差パンタグラフのカマ、0番代か100番代初期車か、断定は出来ません。


kasamo17d4.jpg


 続いて、EF210牽引貨物です(写真)。シングルアーム、100番代です。


kasamo17d5.jpg


 同じく、EF210 100番代貨物列車(写真)。パターンのようですが、練習には良い感じです。


kasamo17d6.jpg


 更に、もう一度(写真)。最高感度でも、点光源が原因で、車番は読めません。ヘッドライトは安全のための装備であり、撮影者の都合で点いているものではありません。


kasamo17d7.jpg


 少し明るくなり、EF210 172牽引と読める貨物列車(写真)。夜明けまで、もう少しです。


kasamo17d8.jpg


 そして、お目当ての、「ムーンライトながら」が、笠寺駅に運転停車のため入線、3番線に停止します(写真)。


kasamo17d9.jpg


 踏切が鳴り止み、歩道橋を駆け下り、踏切へ。今日の4連は、C7編成でした(写真)。この塗色も風前の灯火、ブロックパターン塗色車(新特急塗色車)です。


kasamo17d10.jpg


 踏切手前側からの眺め(写真)。方向幕は「臨時快速」を表示しますが、輝度差の関係で写りません。ここに合わせると、全体が真っ黒になり、露出不足になります。


kasamo17d11.jpg


 そして、約10分の運転停車の後、発車します(写真)。この姿を、待っていました。


kasamo17d12.jpg


 そして、列車は通過します。後から一枚(写真)。後の6連は、B5編成です。こちらも新特急塗色、編成美があります。


kasamo17d13.jpg


 横では、EF210-116が、運用を待っています(写真)。


 そして車に戻り、再度この踏切に差しかかると、上り列車が通過するため、踏切が閉まります。車からその列車、EF210牽引貨物列車を撮りましたが、これも片手間のヘタレ、ボツです。


 思い上がっていると、貴重なシーンを逃します。撮れるものは撮る、それが鉄則のようです。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR