好きで無ければ出来ません

chihi17a1_20170820223400949.jpg


 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日2回目の”Tetsu”をお届けします。今回は、筑西市の保存車両をお届けします。


 南入曽を発ち、帰宅を中断、寄り道を。しかし道程は100キロを超え、長い長い移動で、閉園を心配する時間になってしまいました。


 そして、到着。元青森運転所のEF81 139が、寝台特急「北斗星」のヘッドマークを掲出し停まっています(写真)。


chihi17a2_20170820223402e09.jpg


 その後は、オロハネ24 551でした(写真)。ユニットトイレ、シャワー室もあるA個室「ロイヤル」と、2人B個室「デュエット」の合造車です。


chihi17a3_20170820223402d9c.jpg


 その後は、電車改造車、スシ24 505です(写真)。食堂車、電車特急の余剰車から改造され、24系純正のオシ24とは別形式です。


chihi17a4_20170820223405992.jpg


 続いてロビー車、オハ25 503です(写真)。寝台車の寝台と仕切りを外し、ロビーカーに改造された車両です。


chihi17a5_20170820223405601.jpg


 末尾は、オハネフ25 12です(写真)。テールサインも「北斗星」です。


 本当は、車体の金帯も、金メッキか真鍮でしたかったのでしょうが、腐食の観点からか、ペイントでした。


chihi17a6_2017082022340629f.jpg


 隣の列は、元国鉄キハ30形、転じて関東鉄道キハ101です(写真)。車体更新車も含め、関東鉄道で多用されましたが、遂に博物館入りです。塗装は、首都圏色(タラコ色)です。


chihi17a7_20170820223408344.jpg


 その後は、同じくキハ102です(写真)。青白のツートンです。


chihi17a8_201708202234090c9.jpg


 その後は、鹿島臨海鉄道7001、「はまなす」です(写真)。イベント車、現役当時には一度もお会いすることが出来ませんでした。


chihi17a9_20170820223411b75.jpg


 その相方、7002です(写真)。


chihi17a10_20170820223414e8b.jpg


 展示の様子(写真)。東方に「北斗星」、西方に「はまなす」があります。


chihi17a11_20170820223414ede.jpg


 南側(写真)。右「北斗星」、左関東鉄道です。


 そして帰途に就きましたが、帰宅は日の出の直前で、本当に大変でした。


 下館駅からも距離があり、内燃機関が無いとちょっと行けない雰囲気の場所です。しかし、好きで無ければこれだけの車両を輸送して集め、展示することは出来ません。費用だけで千万単位です。並々ならぬ熱意というものを感じます。


 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR