東へ西へ(前半戦)

Txkanto1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今日は関東鉄道常総線、つくばエクスプレスのイベントに来ています。



Txkanto2  昨晩夜行で自宅を発ち、早朝東京着。そして秋葉原からつくばエクスプレスで守谷へ。どちらを先に攻めるか、考えた結果、関東鉄道を優先するという作戦でいくことにしました。



 そして関東鉄道で3駅、水海道へ(写真)。キハ2403、キハ2305、キハ2111が写っています。ここから常総線基地までは、シャトルバスです。



Txkanto3  会場で我々をまず最初に出迎えたのは、先日新潟トランシスで落成し到着したばかりの、キハ2406(写真奥、入口側はキハ2405)です(写真)。これからが期待されます。



Txkanto4  中では、最近塗色を首都圏色(朱色一色)に塗り替えたばかりのキハ101が(写真)。同車は元国鉄キハ30なのは明らかで、不遇だったキハ35一族の最後の姿となっています。この車両は、今日は客を乗せ基地内を何度も往復しました。



Txkanto5  こちらは青とクリームのツートン、キハ102です(写真)。



Txkanto6  その左はモーターカー、更に左は2連のキハ3518です(写真、反対はキハ3519)。昔の京浜東北線のような色です。映画の撮影に使われたそうです。



Txkanto7  2003年冬、つくばエクスプレス完成前、取手から常総線経由で下館、そして真岡鉄道を訪問したとき丁度営業に入っていた、キハ354(反対はキハ355)の2連でした(写真)。朱とクリームのツートンです。



Txkanto8  今日はキハ355が、奥で少しだけ顔を出しています(写真)。他キハ317等多数です。



Txkanto9  そして現役のディーゼル機関車、DD502です(写真)。セミセンターキャブ、動輪はロッド式です。昭和31年日本車輌本社製です。運転台も公開しており、着席し運転中の風景を楽しみました。



 そして「コロッケそば」を食べ、シャトルバスに乗り次の目的地へ向かいました。



Txkanto10  今日の2回戦は、第3回つくばエクスプレスまつりです。シャトルバスターミナル前に検修庫があり、ここでTX2000形(写真はTX2165)の床下が蓋を開け見えるようにしてありました(写真)。交直両用で、興味深いものでした。



Txkanto11  同編成の反対側TX2665は、貫通路を開け、脱出用梯子が展開されていました(写真)。地下トンネルも多い同線、必要な設備です。



Txkanto12  一般の留置線では、電車の運転台公開が行われ、直流専用のTX1111始め6連及びTX1102始め6連が、ヘッドマークをつけ停まっています(写真)。



Txkanto13  撮影をしたい方には、TX2162始め6連が、”ドラえもん”ヘッドマークを取り付け、停止しています(写真)。長くいれば、一定時間ごとにヘッドマークは交換されたそうです。



Txkanto14  南西側の架線のない区間には、写真のような高所作業車、レール運搬用モーターカー、バラスト運搬用モーターカー、架線軌道検測車が置かれています(写真)。これらの車両は後で実演が行われ、高所作業車はアームを高く伸ばし、レール運搬車はレールの積み下ろしを行いました。最近はこういった裏方の車両の展示が各地で減ってしまい、残念です。



Txkanto15  そしてお帰りは構内発の直通普通秋葉原行きです(写真)。一番左がそうです。乗車用の階段を登り乗車しました。そして今日の滞在先に向かいました。



 前半、関東鉄道は古い車両も多く、記録が出来非常に良い出来でした。後半、つくばエクスプレスは、余りに新しすぎ、新品の楽しみはありますが、古いもの、という楽しみは少なかったです。しかし、少しずつ歴史を重ねていくのですね。



 タイトルのとおり、明日は西に行かねばなりません。朝が早く、大変だあ!

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR