やはり、MUSTなイベントですから、

Omiyafq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”第1回目をお届けします。今回は、本日開催された”JRおおみや 鉄道ふれあいフェア”の状況をお届けします。



 昨晩自宅を発ち、早朝に東京着。それから京浜東北を乗り過ごし、戻ってから気を取り直し辿り着いたのは大宮駅。西口を出て北に歩くこと十数分、JR東日本大宮総合車両センター正門前には、既に行列が出来ていました。それに並ぶ私の丁度横に、写真のD51 187が保存されています(写真)。早いほうですねえ!ただ、部品購入目的の行列は別で、部品を買うには遅すぎます。



Omiyafq2  9時半の開門を、5分繰り上げます。走って何処へ行くかと思うと、走る人は殆ど部品でした。写真を撮る人は絶対来ると思う、EF65 535の前は、それほど混んでいませんでした(写真、後はEF58 93)。首都圏全面ATS-P運用開始で最後の命脈を絶たれてしまった、JR貨物最後の国鉄特急色P形65(しかも同機は一般型から改造された”シンデレラP”です)、残念です。しかも最後は通常塗装の上に透明塗料を塗り、美しさを長持ちさせる加工までされたのですから。非常に残念ですが、やはり運命か。今後、保存されるよう願うのみです。



Omiyafq3  後には、左からクハE257 519、クハ255 1、クハ187 310、いずれも特急の先頭車両が展示されました(写真)。



Omiyafq4  今回のイベントは、JR貨物も共催です。貨物のスペースに移動です。



 ラッキーだと思ったのは、PF初号機である、EF65 1001号機が、今回展示されたこと(写真)。一昨年雨の浜松で見かけた(写真が撮れなかった)ので、恐らく新鶴見機関区所属で、東海道線の運用に入っていたのでしょうが、先ほどの535号機と同じく、車齢等の関係でATS-P対応工事の対象から外れ、引退したものです。直流機の完成形、その初号機なので保存を期待したいですが、そんなに保存が出来るのか。現実はファンの想像より遙かに厳しいと言うべきか。隣は、飯田線用ED62 17でした(区名札は「篠」、塩尻機関区篠ノ井派出のようです)。



Omiyafq5  建物の中に入ります。先ずは、EF210 113が(写真)。今までは岡山機関区のみの配属でしたが、首都圏にも進出か。東海道の今後の主力、新鶴見機関区に配属か。100番台で1インバータ1モーター制御になりました(0番台は1インバータ2モーター制御)。三菱電機・川崎重工の製造です。



Omiyafq6  こちらはJR貨物更新色、EF65 1117です(写真)。近隣の番号の殆どは田端運転所に入り、”出雲”や”銀河”の運用に就いていましたが、運用の減少で運転台クーラー非搭載車は廃車の憂き目に遭いました。同1118号機は有名なレインボー専用機(2代目)です。



Omiyafq7  その後はDE10 1546です(写真)。同機は昭和46年川崎製です。そろそろ、この機関車の後継も準備を考える時期です。



Omiyafq8  東北路の主役、EH500 13です(写真)。東芝製、一部は関門トンネル用に使われ、1300トン貨物の九州到達を実現しました。



Omiyafq9



 これは四日市でよく見かけたカマの、DD51 856です(写真)。三菱重工製、年号は昭和ですが読み取り不能です。新更新色です。



Omiyafq10  次は今後の動向が心配される、かつての東北の主役、ED75 1015(ED75P形)です(写真)。EH500が1両製造されると、ED75 2両が不要となり、調子の悪い方から捨てられていきます。初期のM形は、もっと貴重になります。記録の重要性が高まります。



Omiyafq11  そして建屋を出ると、元の場所に戻ります(写真)。こちら側には、”富士”と”はやぶさ”をモチーフにした、「惜別」のヘッドマークが掲げられています。5年前の、”さくら”をモチーフにした、「最終全検出場」のヘッドマークを掲げた時点で、この運命はわかっていたはずです。しかし、もう少しこの幸運を信じたかった…。



Omiyafq12  横では、コスト半分・寿命半分(消費電力も半分です)の209系後継、京浜東北線用E233系(写真はクハE232 1016)の試乗会が(写真)。209系は、廃車が進んでいるんですよ!



 他には保線用のクレーントラックや、JRバス(高速と路線の両方)も来ており、撮影をしましたが、今回は割愛します。



Omiyafq13



 最後に、カットモデルを。EF63 13号機の横川方です(写真)。坊や、今君のつかんでいる部品、何十万するか知っているかい?



Omiyafq14



 こちらはEF60 47号機です(写真)。高速性に問題のあったEF60、500番台(P形)も製造されたものの、EF65登場後貨物機に転用されました。



 横には昔、EF15(EF58と同時代の貨物機)のデッキ付きのカットモデルもあったのですが、移動したようです。



 今日は午後から雨に変わると天気予報で言っていたので、早めに勝負をかけ、雨が降ったら同じ大宮の鉄道博物館へ行こうと思っていましたが、雨が降る様子では無かったので、2回戦に移動しました。



 今回も多くの引退機を目にしました。一つでも多くの機関車が保存されるよう願うのみです。



 1回戦は、ここまでです。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

AO入試は主体性が大事

センター試験と2次試験の点数だけで合否を決めるパターンが最近の大学入試では多くなってきています。

インプラント

日本人の歯の形に多いのが凸凹に生えた乱ぐい歯や犬歯がはみ出した八重歯になってきます。いずれも顎が小さくて歯が並びきらないことが原因になっています。犬歯は最後に生えますので、八重歯にはなりにくく、顔をぶつけたとくには、自分の頬を切るなどして危険です。

R40世代 R50世代 R60世代に最後の恋愛を

40代でまだ独身。50代で熟年離婚。夫や妻に先立たれ60代でもまだまだ性欲旺盛。そんな世代のあなた達に捧げる、最後の恋愛を完全サポート。日本最大級の熟年恋愛コミュニティ。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR