(続)足羽の流れを遡り

Okuetsu1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今週の”Tetsu”をお送りします。今回は、今日から全線での営業を再開した越美北線を取材しました。



 先回の「足羽の流れを遡り」の取材の際、”6月30日越美北線全線開業”と書かれていて、ほうほうとは思っていましたが、多分平日だろうと、内心諦めていました。しかし、鉄道雑誌等を読んでいると、何とその日は土曜で、しかも記念にキハ58系国鉄色の記念列車も走るとのこと。予定も無かったので、(鉄道ファンとしては最低ですが)金券屋回数券を2枚買い、帰りを予約し、今日に備えました。



 往き道は時間が無かったことから新幹線で米原へ行き、米原始発の”しらさぎ”に乗車。”こだま”使用時は自由席しか使えませんが、時間確保のためやむを得ません。次回からは”北陸往復割引きっぷ”にしましょう。



Okuetsu2  福井に到着。既に越美北線ホームには臨時列車”おくえつ”は待機し、既に立ち席も満員です(写真)。これより早く来るには、前日に来るか、車で来るかのどちらかしか無かったので、仕方ありません。資料を貰い、中に入ります。写真はキハ28 2119、反対はキハ58 596です。



 途中キハ120などの写真を撮りたい衝動に何度も駈られますが、身動きも出来ぬほど混雑し、不可能でした。今回はキハ58系に乗り鉄、と割り切るしかありません。



 先日の取材でもほとんど完成していた鉄橋等を通り、列車は進んでいきます。車内放送では、除雪で手一杯だった時期もあったり、雪解け水で3度も仮設工や重機が流されたり、全検は南福井貨物駅までトレーラーで陸送したりと、大変だった時期の説明がありました。幾多の困難を乗り越え、今日の営業再開に漕ぎ着けたそうです。大変でした。



Okuetsu3  そして列車の目的地、越前大野に到着(写真)。乗り鉄ならこれで終わりですが、やはり写真を。ああ、国鉄色は美しい!













Okuetsu4  乗車が目的の人は駅に向かい、乗車証明書を貰います。混雑は写真のとおりですが、雰囲気、伝わるでしょうか。



 駅前広場はお祭りで、先ず大野の水が振る舞われ、周りは模擬店でいっぱいです。蕎麦、コロッケ、他色々食べましたが、山椒味噌の里芋も良かったですよ!



 資料には抽選券もついており、抽選では末等、サンダーバードのネーム入りボールペンを貰いました。明日も抽選があり、運が良ければ良いものも当たるそうなので、時間のある方は明日行かれては?



Okuetsu5  その間に九頭竜湖発福井行きが行き違い、その後でキハ58系は入換、上りホームに入ります(写真)。臨時列車は定期列車のダイヤの合間を縫って設定され、多分九頭竜湖行きにも出来たのでしょうが、それでは恐らく停車が十数分になり、イベントを楽しむ合間も無かったのでしょう。やはり越前大野は越美北線の中心都市で、イベントをやるには良い所だったのでしょう。







Okuetsu6  やはり今日はお祭り、越前大野(金エチ)の車庫も全部出払っています(写真)。



 駅の中での写真に気をとられて、駅前の動きに注意するのを忘れていました。「整理券を配ります!」の声に気付き、行ってみると既に長蛇の列、発駅着席券を持たぬ人は何の権利も無いことは、昔も今も変わりありません。残念、結局帰りも立ち席でした。ああ、えらかった!







Okuetsu7  そして福井に戻ってきました。帰りもあり反対ホームに行って写そうとすると、無情にも反対ホームには419系が入線します(写真)。少しがっくりですが、まあ食パンも先は短く、写真に残しておきましょう。











Okuetsu8  そしてこちらも最後の夏を迎えた、国鉄色”雷鳥”です(写真は京キトA05編成、クハ489 702)。是非皆さんも北陸で、最後の姿を残してください。そして帰宅しました。



 こんな感じで越美北線の復活に参加できました。やはり今度は、九頭竜湖まで通しで行きたいですね。次回を夢見て、今週の”Tetsu”を終えたいと思います。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR