仮橋です。

Akap1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今週の”Tetsu”第2回目をお届けします。今回は、大阪府の城東貨物線淀川橋梁の取材です。



 京都駅を発った私は、高い駐車料金を払い、2回戦に。それが、大阪市旭区内の、城東貨物線淀川橋梁、いわゆる「赤川仮橋」です。赤川という地名は、この橋梁の南岸の地名が「赤川」だからですが、何故仮橋?と思われるでしょう。それは、最初複線で架橋され、単線が敷かれた後、単線分余るので、当面使う予定が無かったことから、歩行者用橋梁を一時的に造ったため、「仮橋」なのです。



 しかし、城東貨物線が旅客化されることに伴い、複線化、そして電車が使えるよう電化が計画され、既に一部では完成しています。間もなくこの橋梁も鉄道用複線橋梁となり、しかも電化で電気機関車に牽引機が替わると予想されるため、今回の取材となりました。写真は、橋の南詰めからの遠景です(写真)。



Akap2  赤川仮橋の手前は写真のとおりで、既に複線で準備されているのです(写真)。ここもアバットが昔からあるようで、桁を造るだけです。



Akap3  堤防に登ると、橋が見えます。歩行者側には、写真のとおり「赤川仮橋」と欄干に書かれています(写真)。



Akap4  この線では撮影可能時間帯には、11時、12時、13時前後の3本の貨物列車が、吹田信号場から百済貨物駅へコンテナを運搬します。反対向きがあると面白いのですが、確か「貨物時刻表」で確認しても15時以降に1本、後は日没後です。光線も逆光で、あまり良い写真にはならないようです。作例、あったらご紹介下さい。



 結局この輸送頻度が複線化を見送られる最大の理由だったようですが、旅客化が決定し、こんな都市部に単線旅客鉄道は無理であり、それが仮橋廃止の理由のようです。なお横に歩行者用橋梁を架橋する計画があるそうです。



 非電化ということから、牽引機は当然DD51で、しかも全て単機のようです。重連を期待する声もあるようですが、平坦なため無理でしょう。



 橋の反対側の、線路を横断する交通が途切れます。暫くして橋がゴトゴトいいだします。接近です(写真)。



Akap5  この列車は、DD51 837牽引でした(写真)。来ました、来ました!



 そして走り去ります。



Akap6  ここで打ち切っても良かったのですが、3回戦には十二分に時間があり、車に戻り、1時間待ちます。すると、先ほどとはメンバーが1人を除き入れ替わっていました。そして、次の列車が接近です(写真)。



Akap7  今度はDD51 835でした(写真)。こちらも大荷物です。



Akap8  そしてこの列車も走り去りました(写真)。



 写真でも見て分かるよう、既にこの単線区間まで架線は準備され、恐らく今年の3月改正で運用する機関車が整備されれば、DD51もお役ご免となるのでしょう。既に加美~放出間は3月改正から”おおさか東線”として旅客営業が始まるといいますから、間違いないでしょう。大阪市内の最後の楽園は、終焉を迎えようとしています。皆さんも、如何ですか。



 昨日はトリプルヘッダーでした。3回戦、お楽しみに。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おおさか東線開業直前企画? 赤川鉄橋

3月15日に、我々はずっと「大阪外環状線」と呼んでおりつつもいつになったらできるねん、と思っていた「おおさか東線」が開業となります。とは言っても放出から南、久宝寺までの部分開業ですが。この路線はもともと単線の貨物線を複線化して旅客列車を通すというも......

おおさか東線開業直前企画? 赤川鉄橋

3月15日に、我々はずっと「大阪外環状線」と呼んでおりつつもいつになったらできるねん、と思っていた「おおさか東線」が開業となります。とは言っても放出から南、久宝寺までの部分開業ですが。この路線はもともと単線の貨物線を複線化して旅客列車を通すというも......

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR