Snowy Days#6

Togonoq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、東北行最終章です。



 朝、滞在先を出発した私は、大館駅へ。写真はキハ111 152始め2連です(写真)。



Togonoq2  この列車の反対方向へ行きます。大鰐温泉には弘南鉄道のラッセル車キ105と、後押しの機関車ED22 1が待機しています(写真)。先へ進みます。



Togonoq3  弘前に到着。1番線には、クロハ481 3021ほか6連、盛アオA8編成が発車を待っています(写真)。特急”つがる”専用、非ATC車(青函トンネル通過不可)です。



 通常ダイヤではこの後を寝台特急”あけぼの”が追いかけるのですが、油断している隙に到着、慌てて飛び出ると無情にも発車です。もっと駅の表示には注意しましょう。



Togonoq4  駅の片隅には、双頭の複線ラッセル車DE15 1536が(写真)。雪が降った時のため待機です。更に奥にはDE15 1539も待機しています。



Togonoq5  今日の乗車は五能線。キハ40系キハ48 1540、後はキハ48 518です(写真)。秋アキの車輌、五能線は全てクリームに水色の帯です。



 川部で奥羽本線から分岐し、前後が反対になり五能線に入ります。海側は全てのボックスが埋まっています。五所川原までは左手に岩木山が見えますが、今日は雲がかかっていました。



 五所川原からは”走れメロス”の津軽鉄道が走っていますが、今回は残念です。また、そのうち行きましょう。



 鰺ヶ沢からは日本海に沿って走ります。”千畳敷”等、冬も厳しい自然美が楽しめる同路線ですが、敢えて、写真は載せません。是非、五能線に乗って、貴方の目で確かめてください。



 そして深浦に到着。1時間余り待たされます。



Togonoq6  30分ほどすると、反対方向から列車が入ります。乗れるかな?と覗くと、駅員さんに「危険です!」と言われました。確かに踏切を越えるようなもので、危険だと思われたのでしょう。やはり、そんな鉄道会社に迷惑をかけるような存在になってはいけません。



 同列車は入換、何処へ消えた?と思ったら木造のスノーシェッドの中に入っていました(写真)。キハ40の2連(手前はキハ40 530、反対もキハ40だが車輌ナンバーは不明)でした。



Togonoq7  先ほどの列車を待避させたのは、全てこのため、”リゾートしらかみ”を入線させるためでした。”橅”編成、キハ40系(キハ40改造)キハ48 701、1701、702の3連です。夏期間は1日3往復、3編成(”青池””橅””くまげら”)はフル稼働です。今日は2編成(もう一方は”くまげら”でした)、2往復です。



 まだ”リゾートしらかみ”が1編成(”青池”という名も無かった)時代に乗車しましたが、当時は”蜃気楼ダイヤ”といって、秋田から深浦まで来た列車を、「あきた白神」まで戻し、途中駅で下車した観光客を拾う運用でした。しかし今はJRも本気らしく、明らかにオフシーズンの今でも2往復走っています。今でしか見られない景色、「青春18きっぷ」のシーズンは終わりですが、是非確かめてください。



 この日は、本当に蜃気楼が出ました。何が光っているか、最初分かりませんでしたが、その方向に陸は無く、1回目で見られました。運が良い。



 そしてこの列車と行き違う、さっきと同じ普通列車に乗車します。冬の日本海、良い感じです。途中には「白神岳登山口」などの駅もあります。



Togonoq8  そして終点東能代に到着。ここもDE15 1523が待機です(写真)。構内の大きな駅には置いてあるのでしょう。



Togonoq9  そして東能代からの各停には1時間以上の待ち合わせ、それでは家に帰れないので、特急”かもしか”に乗りました(写真)。クロハ481 1003始め3連、「かもしか2」編成です(写真)。現在485系最小の3連で、同編成は1、2、3があります。羽越線事故以来、指定席と自由席の車輌が反対になりました(だって、クロハが本当は指定席でしょ!まあロハという話もありますが)。



Togonoq10  そして秋田へ。秋田からは”こまち”E3系です(写真)。これで帰宅しました。



 秋田発で行き違い列車が遅れ数分の遅延、さらに風雪の中一路盛岡を目指します。盛岡での併結相手、”はやて”を待たせたのは誤差の範囲内に収まっても、最大のネックはやはり福島。上り”つばさ”が遅れると、上下”はやて””こまち”の福島での行き違い(JR東日本の必殺技)が出来ず、致命的に遅れます。福島までは水も喉を通りませんでした。しかし先行し郡山で待避しているはずの”やまびこ””つばさ”が停まっておらず、見殺しダイヤだったのか。まあ400系も置き換えだそうで、完了すればそんな悩みも無くなるのか。そうか、逆に400系も記録する必要があるのか。悩ましい。関係者の心配をよそに、無事帰宅しました。



 「青春18きっぷ」とはいえ、大遠征でした。今後しばらくはプチ取材が続きそうです。それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR