瀬戸電外伝

Setoko1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、瀬戸電関連施設を取材しました。



 昨日は出勤で今週の取材は難しいなあ、と思っていたところ、丁度今日は非番となり、早速愛車に乗り、計画を実行しました。



Setoko2  最初は瀬戸市上松山町、上本町、小田妻町にまたがる「瀬戸市民公園」内、交通児童遊園の一角にある元瀬戸電の旧車群です。駐車場からは、かつてゴーカートが走ったであろうサーキット(現在は自転車のみ)しか見えず、今回は空振りか、と思って歩いていくと、東側斜面の下に、やはりありました、デキ202です(写真)。昭和2年5月日本車輌製造で落成、生涯を瀬戸電で過ごし、昭和53年3月の600Vから1,500Vへの昇圧(栄町乗り入れに伴う一連の近代化作業)の際に引退、ここに保存された、とのことです。



 なお、前の写真からも判るように、機関車の南側は野外コンサートが出来るようステージと観客席が設けられていますが、残念ながら最近はあまり使用されていないようです。



Setoko3  その東側にはモ766が(写真)。昭和2年6月に日本車輌製造でホ108として落成、その後昭和14年にモ566と改番、昭和37年にモ766と改番し揖斐線に転属、昭和53年8月に廃車となり、瀬戸電近代化との時期的一致から、運良く瀬戸市で保存されることとなりました。保存状態はイマイチですが、あまりにイタズラが酷いらしく、どちらも金網で囲いドアには鍵がかかっています。イタズラをなくす方法はないでしょうか。



 なお、同公園へは名鉄瀬戸線、愛知環状鉄道新瀬戸駅から北へ1.5キロ程で、バスもあるようです。



Setoko4_2  次は尾張瀬戸駅から徒歩数分の施設、「瀬戸蔵」です。同施設内にミュージアムが併設されています。入場料500円を払い中に入ると、尾張瀬戸の駅から市内に入るという設定になっており、入口で瀬戸電のモ754が出迎えます(写真)。フルに入っているように見えますが、実は中間ドアの後で切断され、その後はありません。しかし鏡を利用し、1両丸々入っているように見せる展示は、設計が秀逸だと思います。



Setoko5  外側は旧尾張瀬戸駅のレプリカが造られており、かつての焼き物を焼く煙突の煙と、粘土で白濁した川の流れた瀬戸市を彷彿とさせます(写真)。



Setoko6  内側も旧尾張瀬戸駅を復元したものと思われます(写真)。しかし、当時を知らないので、コメントは出来ません。



 そして来た道を戻りました。



Setoko7  平成17年早春の訪問時、名鉄瀬戸線喜多山駅西側の側線には、整備中の電車が多数留置されていました(写真はモ6751)。



Setoko8  しかし今年6月に尾張旭検車区が完成、喜多山検車区は役目を終え、留置される電車はありません(写真)。



Setoko9  同時期のホームから中を眺めた写真です(写真)。デキ376ほか各種車輌が整備されていました。



Setoko10  悲しいがこちらの工場も閉鎖、明かりはありません(写真)。



 確かに喜多山検車区の設備は、1,2両編成の時代のもので、4両の時代には正直言って手狭であった、というのは否めない所です。



Setoko11  ましてかつての喜多山検車区の人車入口は閉鎖され、表札も消されています(写真)。用地買収が終わり次第高架化ということでしょう。そうすれば、お堀電車の面影は完全に消え去ることになります。記録は、お早めに。



 こんな感じで今回の取材を終えました。



Setoko12  おまけ。千種のJRの教育施設にある、C57 139(写真)。同機は昭和15年三菱神戸造船所で落成、同21年に名古屋機関区に転属、何度もお召し列車を牽き、昭和44年9月の関西線SL最終記念列車も牽き引退、同所に保存されました。



Setoko13  その隣には、ケ90なるタンク式SLが(写真)。大正7年大日本軌道製造で落成、丹那トンネル工事で使用された後、昭和10年廃車、機関車の教材として同教育施設で使用されたものの、老朽化し、昭和38年稲沢第二機関区(恐らく現在のJR貨物愛知機関区)の助けを借りながら、カットモデルにした、とのことです。同所への訪問には、JRなら千種駅、地下鉄なら今池駅が至近です。しかしここもイタズラが酷いらしく、現在は園内への立ち入りは禁止され、金網も非常に高いです。脚立を用意された方がいいでしょう。



 なお、同教育施設は、現在移転先の造成を行っている(山の中です)ことから、移転時これらの資料も一緒に移転するかは不明です。今のうちの記録をお薦めします。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR