新旧の交わり(1)

Kanmq1



 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”第1回目をお届けします。今日の前半戦は、「関東鉄道水海道車両基地公開イベント」をお届けします。



 昨晩自宅を発ち、東京駅へ。そして今日はTXと関東鉄道と、どちらを先にしようか悩みましたが、昨年の経験から、やはり関東鉄道を先に行こうと思い、取手へ、そこから関東鉄道に乗車し、シャトルバスの出る水海道に向かいました。到着が早すぎ、居る場所に困りましたが、現地の判断で、乗車のバスが来るまで、空いているバスで待っていて良い、と言われたので、好意をそのまま受け、バスにて待機。そして朝第1便で基地に到着しました。



Kanmq2  バスが入口に入り、下車します。受付を越え、先ず目に入るのは、DD502です。普通に撮影すると、ロープ柵が一部切れ、カラーコーンのトラ柵になっています。職員が、「いいですよ!」と言ってくれたので、その切れ目を入り、早速撮影を(写真)。写真右後方側が太陽で、この時間は半逆光、午後には光線が良くなるのでしょうが。しかし、階段等が入らず写せ、良い感じです。



Kanmq3  普通に、後方から(写真)。セミセンターキャブなのが分かります。左の階段を登れば、運転台にも入れました。



Kanmq4  やはり関東鉄道の機関車はイメージが同じです。時代的なものもあるのでしょうが、今は廃線になった鹿島鉄道常陸小川駅に留置されていた、DD901も、同様の外観で、ロッド式も同じです(写真)。しかしこちらは機関が2つ、センターキャブです。やはり航空自衛隊百里基地の航空燃料を運んでいたので、こんなに大きかったのでしょう。



Kanmq5  朱色(首都圏色)のディーゼルカー、キハ101です(写真)。元国鉄キハ30(キハ35系)、外吊戸は美観を損ねますが、これは引戸で設計し車体にステップを設けると、車体、特に台枠(シャシー)の強度が不足するため、やむなく取られた措置でした。関東鉄道では、ホームを嵩上げしステップが不要となったので、車体のその部分を埋めています。



Kanmq6  キハ101の横は、キハ2309(相方はキハ2310)です(写真)。関東鉄道の現在の主力です。今日はこの車両が「ちびっこトレイン」として開放されていました。



Kanmq7  撮影会用車両展示の、裏側に来ました。左から、キハ3521(関東鉄道色)、キハ353(国鉄色)、キハ3519(水色)です(写真)。



Kanmq8  今日のメインイベント、撮影用の車両たちです(写真)。左から、キハ3518(水色)、キハ354(国鉄色)、キハ3520(関東鉄道色)、キハ2406(関東鉄道オリジナル)です。水色は、どうみても京浜東北のように思えるのですが、京浜東北でこんな車両は走りません。国鉄色のツートンは、今後の動向が注目されます。



Kanmq9  横では、キハ318始め2連が滞泊するところに、キハ008始め2連が並びます(写真)。いずれも、キハ35系の車体更新車でした。そのため、引戸になっています。



Kanmq10  戻り、キハ101に乗車すべく、やって来ました(写真)。



Kanmq11  車内は写真のとおりで(写真)、3ドア通勤車のイメージです。しかもステップを埋めており、殆ど違いを感じません。エンジン音と、少し古い車内が無ければ。



 なお、同車に乗車すると、硬券の乗車証明書が貰えました。鋏も入れてくれるので、ついでに事務所2階でダッチングして貰いましょう。



Kanmq12  そして、工場では、リフティングの実演をやっていました(写真)。現役のキハ2307をクレーンで吊り上げ、台車入れを行い、また元に戻しました。やはり車両製造時には、ジャッキアップポイントを考え製造するのですね。そうでなければ、台枠の上下に艤装品を装着することが出来ませんが。床下機器がよく見えました。



Kanmq13  出口に戻ると、2302始め2連のペイント車が、営業の準備をしていました(写真)。今後、キハ35・30ベースの車両は、JRでも引退しているので、いずれ引退するのでしょう。イベントだけではなく、皆さんも機会があったら、記録されることをお薦めします。



Kanmq14  古い話ですが、まだデジカメが珍しい頃の、平成15年12月、下館に入線する関東鉄道キハ102(写真)。これも青の国鉄色です。



Kanmq15  昨年は水海道基地公開イベントに参加し、写真が残っています(写真)が、今年は一般車と並んで参加せず、写真のみで登場しました。まあ、全部出てしまうと、来年の楽しみが無くなってしまいますから。逆に、全部出たら、「お別れ会」みたいな雰囲気になって、寂しいかな?



 そして後半戦へ向かうバスに乗り込みました。



 こんな感じで前半戦を終わります。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

下川端町 ネイルサロン

注目!下川端町ネイルサロンのサイト

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR