30年目のイベントです。

Meiop1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、名鉄瀬戸線栄町乗り入れ30周年記念イベント、及び名鉄4000系撮影会を取材しました。



 昨日も書いたとおり、今日は別件を取材する予定でした。しかし今日のイベントを知り、急遽予定を変更したところ、うまく変更が出来たことで、今日の名鉄のイベントに参加が可能になりました。そして昨日は帰宅し、ブログ3連チャンを書き上げました。



 そして今朝も普通に起き、出発しました。



Meiop2  今回は、名古屋栄のポケモンショップも何かイベントがあるそうで、栄町のホームではピカチュウの着ぐるみが踊っており、イベントを盛り上げていました(写真)。



Meiop3  そして栄町乗り入れ30周年記念ヘッドマークを掲げた、出発式用の編成が入線します(写真)。6704(6600系)始め4連です。スポット測光にする、という基本を守らなかったため、ヘッドライトに測光が合ってしまい、加工も不可能なほど酷い写真となりました。そのため、こんな写真しか残っていません。



Meiop4_2  記念列車の横、2番線には、ポケモンラッピング編成、6000系6235始め4連が入っています(写真)。



 乗り入れ30周年記念式典、記念列車出発式を撮りたい気はしましたが、一般にそういう式典は、0系最終の時もそうでしたが、一部の関係者が場所を独占しており、嫌な思いをするだけなので、止めました。



 そして乗車しました。



Meiop5  同列車は尾張瀬戸行き普通でしたが、尾張旭で下車(写真)。ここも撮影者多数です。こんな写真になりました。



 そしてここから徒歩10分あまりの距離にある尾張旭検車区で行われる、午後1時からの撮影会に向かいました。



Meiop6  入場門の前で行列になり、待っていると、周辺住民の苦情からか、時間前に門の中に入って並ぶよう言われました。そして撮影会30分くらい前に、今日の主役、名鉄4000系第1編成の4001始め4連が、留置線からゆっくりと建屋に向かいます(写真)。内部見学のため取られた措置でしょうが、編成写真は不可能になりました。スローモーションでした。なお、正面、側面の行先表示はフルカラーLEDでした。



Meiop7  時間前に行列は移動、前の方だった私は、工場の建屋の中に入れました。間近に4000系が見られます。台車、住友金属FS571Tが目の前に見えました(写真)。枕バネは小さいです。



Meiop8  車内には、名鉄一般車初の液晶情報表示装置が導入されました(写真)。1画面式で、広告は入らないようですが、新しい試みです。



Meiop9  運転台の様子です(写真)。右手式ワンハンドルマスコン、大きな画面表示が特徴ですが、運転中の表示は見ることが出来ませんでした。なお、ここでの撮影は、1人2枚まででした。そうでなければ3時までに客を捌ききれません。



Meiop10  車内の様子(写真)。最近の名鉄の新造車としてほぼ同一ですが、全車ロングシートなのと、車端の優先席の長さが延長され、ドア位置が変則なのが特徴です。



 そして外に出ました。



Meiop11  社員の説明によると、バラスト敷きの部分と、立ち入り禁止した部分は駄目、それ以外は歩いて良い、とのことでした。そこで工場手前の舗装通路に入ると、柵の前までは良いとのことで、その入った場所から1枚(写真)。入口はありますが、一応編成全体は写っています。4101始め4両です。この場所は、私が帰る頃には、カメラを持ったファンで超満員でした。



Meiop12  横ではドリンクと記念グッズの販売がありました。その隣には、名鉄博物館所蔵品のうち、瀬戸電関連部品が並んでいました。その一つ、旧式電車がつけた、堀川~瀬戸間特急用逆富士形行先表示器です(写真)。いずれも非売品です。



 そして時間は十分残していましたが、終了までに編成写真が撮れる見込みがなかったので、会場を後にしました。



Meiop13  尾張旭の駅に戻ると、丁度6652始め4連が、急行運用で入線しました(写真)。瀬戸電は全車共通運用で、性能はほぼ揃っていますが、やはり同編成は旧式吊掛車のリサイクル車輌、その中でも最初の編成です。一番危ない、と思うのは私だけでしょうか。



Meiop14  そして喜多山で下車。丁度先程の30周年記念編成が入線しました(写真)。これでやっと普通の写真です。



 そして帰途に就きました。



 やはり古い車輌は保守が困難になり、やがて引退ということになるのでしょう。瀬戸電も近代化のため、やむを得ないのでしょう。だからこそ旧式車は、今のうちにしっかり記録し、その時に備えたいものです。



Meiop15  おまけ。喜多山で下車したのは、旧喜多山検車区の状況を見たかったから。”お堀電車”の時代からの車庫、木造で2両が限界だった喜多山検車区は、もう建物も残っていません。横に6026始め4連が入っていますが、デキとともに無くなってしまいました。残念。



Meiop16  その反対側にあった煉瓦造りの(崩れそうだった)変電所も、解体され、更地となりました(写真)。時代は、だんだん流れていくのですね。



 次回は、今週の予定をなぞります。それでは、お楽しみに。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こんにちは

ゴルフ情報サイトです。コース情報やウエアやクラブ、初心者情報を紹介しています。ゴルフを始めて見ませんか?

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR