Island Wave(Story2)#4

Taimyoq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”、後半戦をお届けします。今回は、苗栗にある”鉄路車両文物展示館”を取材しました。



 彰化から自強号に乗り、約1時間、台鉄西部幹線山線(現在のメインルート)に位置する苗栗、台北から高雄に直通する自強号はほとんど停車します。昨年の訪問では、窓から指をくわえて見ているだけだった展示館、先ずはホームから1枚(写真)。雰囲気が盛り上がってきます。



 そして駅を下車しますが、駅の出口は反対側です。それは恐らく側線等鉄道施設を利用した施設のため、そういう業務施設は大体駅の裏にあります。



Taimyoq2  そして駅を出て南に向かい、地下道を潜り西側へ行き、交差点を南、すぐに細い道に入ると、写真のような看板が立っています(写真)。長い間待って来たという実感が湧きます。



Taimyoq3  線路に沿って数分歩くと、見えてきます、全景が(写真)。壮観です。



Taimyoq4  各車両を見ていきます。1枚目、CT152です(写真)。スポーク動輪、軸配置モーガルというところ、大正7年汽車会社製であり、イメージは日本の8620か。昭和53年引退だそうです。



Taimyoq5  2枚目、阿里山28号です(写真)。美国(アメリカ)製ですが、漢字(中国語)からは会社が分かりませんでした。



Taimyoq6  3枚目、DT561です(写真)。コンソリデーション、スポーク動輪で、大正9年アメリカン・ロコモーティブ社(アルコ)製です。



Taimyoq7  4枚目、阿里山SPC2です(写真)。特別客車、昭和46年日車製ですが、引退は昭和57年でした。



Taimyoq8  5枚目、台糖331です(写真)。昭和10年日車製のタンク機、動輪は小さいもののモーガルです。



Taimyoq9  6枚目、ディーゼル機関車、R6です(写真)。まるでアメリカ製では、とも思えますが、横には大々的に”HITACHI”と浮き彫りになっており、台湾の軌間が日本と同じ(1,067ミリ)であることを利用して、輸出前には試作型式番号を与えられ、日本の国鉄に貸し出された機関車です。しかし、国鉄で制式採用されることはありませんでした。



Taimyoq10  7枚目、台糖254です(写真)。昭和37年製の、特別職員用、小型ディーゼルカーです。



Taimyoq11  8枚目、阿里山11403-5です(写真)。昭和30年新三菱重工三原工場製、昭和57年まで使われました。



Taimyoq12  9枚目、S405です(写真)。巨大なディーゼル機関車、やはりアメリカGM(ゼネラル・モータース)製でした。昭和44年製、平成11年まで使われました。確かに、代替できる機関車は、他の国では造っていませんが。



Taimyoq13  10枚目、阿里山11403-1です(写真)。昭和28年新三菱重工三原工場製、昭和57年まで使われました。



Taimyoq14  同機の側面には、「新三菱重工三原車両製作所 1953 810号」とプレートが入っています(写真)。



Taimyoq15  最後は、凸型ディーゼル機関車、LDH101です(写真)。展示の位置には入っていません。奥にはディーゼルカー2両も写っています。その本線寄りは転車台です。



 あとは貨車が少々、ほか上物が無い台車だけの展示が多数ありました。やはり保存は大変です。



 そして駅に戻り、今日の滞在先に向かいました。



 細かいことをいえば、まだまだ行かねばならない場所は、幾つも残っています。しかし、やはり一回の旅行では限界はあるので、今回の台湾行はこれで終わります。



 それでは、次回をお楽しみに。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アメリカ海外旅行 人気スポットと穴場

アメリカ海外旅行の人気スポットと穴場についての情報です。

ディーゼル

ディーゼル情報

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR