懐かしの姿との再会

Chihq1



 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、秩父鉄道広瀬川原車両基地で開催された「わくわく鉄道フェスタ」を取材しました。



 「ムーンライトながら」が季節臨に格下げ、夜行バスも直行便は無し、それなら景気対策を利用しようと、1000円高速を利用し愛車で熊谷へ。しかし近辺は「駐車禁止」と事前に手配されています。やむなく某駅前の駐車スペースに停め、電車に乗りました。やはり電車のイベント、少しは電車に乗らねば。



 そして最寄り駅、ひろせ野鳥の森で下車します。



Chihq2  駅から荒川土手を歩きます。丁度秩父鉄道沿い、向こうは広瀬川原車両基地です。公開スペースにならない場所に、デキ108が(写真)。



 そして基地の反対側に出て、再び踏切を渡り、会場入口へ。開場を待ちます。



Chihq3  10時に開場しました。最初にデキ101を(写真)。昭和26年日立製、現役ではありません。後には貨車が続きます。



Chihq4  その後には、貨車の後は12系客車の保留車、5000系(元都営6000系)、隣は7000系の予備車か部品取りか、東急8000系の中間車が。都営三田線は、通学に使った車両で、懐かしいです。



Chihq5  デキ101の隣には、デキ201が(写真)。「パレオエクスプレス」塗装です。反対側では運転台公開がされていました。



Chihq6  やはり中心は、「パレオエクスプレス」牽引機、C58 363でした(写真)。やはりサイズも軸重も手頃な同機、JR東日本大宮工場で復活した車両でもあり、JRも使いたく思っているでしょう。



Chihq7  次は左からマルタイ、デキ503、デキ303、デキ103です(写真)。



 マルタイは、同型がJR等全国各地で見られますが、全てオーストリアのプラッサー&トイヤー社(ドイツ語”eu”は”オイ”と読む)だそうです。確かに優れていて、数も出ないのでしょうが、国産出来ないのは問題です。



 横には、デキ100形、デキ300形、デキ500形が揃いました。この後デキ3両には、各種ヘッドマークが入れ替わり取り付けられ、撮影会になりました。



Chihq8  後の建屋には、スイッチャーD15、後は救援車ワム4047が入っています(写真)。



Chihq9  広瀬川原基地直通の列車、最初に入線した7000系7001始め3連の横に、1000系1009始め3連が入線します(写真)。ウグイス色、正面に黄帯が入り、関西線仕様か。1000系は元国鉄101系です。



Chihq10  その横を、6000系6203始め3連急行が通過します(写真)。こちらは元西武(新)101系、車内はクロスシートに交換されました。



Chihq11  広瀬川原車両基地直通の、3列車が並びます(写真)。7201始め3連、1009始め3連、7202始め3連です。7000系は、元東急8000系です。東急は自社製(東急車輌)車両、ステンレスボディも他も整備性が非常に良く、新天地での評判も上々です。



Chihq12  本線を1212始め3連が通過します(写真)。カナリアイエロー、初めは山手線だったのが、後に総武緩行線や赤羽線(現埼京線の一部)に用いられました。



Chihq13  次は、1201始め3連が本線を通過します(写真)。スカイブルー、京浜東北線か、京葉線か。しかし、京浜東北線の後継、ステンレスボディの209系さえ廃車される現在、こんなペンキ塗りの電車に懐かしさを求めても、「は?」と言う方も多いのでしょう。



 そして一通り撮影したと思い、外に出ました。



Chihq14  「しまった!」と思ったのは、後の建屋の整備中の電車も、その後の転車台のデキも、撮影を忘れてしまいました。土手の上から、転車台のデキ107を捉えました(写真)。丁度回っています。通常はC58を回すために使います。



Chihq15  そして、ひろせ野鳥の森駅へ戻ります。電車は1011始め3連、バーミリオンの101系です(写真)。考えることなく、最初から最後まで中央線快速の色です。低運転台に当時が偲ばれ、良い感じです。しかし後継201系も、E233系によって一掃されました。



 そして車に戻り、帰途に就きました。



Chihq16  おまけ。長年関越自動車道を通る時に気になっていた、廃止された電化鉄道用の橋梁。東松山の近くであり、往き道にカーナビにポイント登録、帰り道に一般道で現地に行きました。



 砂利道に入り、少し進むと私道のようになり、犬にも吠え立てられたので、車を降り、少し歩くと、竹藪の先に全景が見えます(写真)。「葛袋3号橋」と書かれています。



 最初は、この線は東武越生線から分岐し高麗川に向かう線路だと思っていましたが、「鉄道旅行地図帳」を見ると、東武東上線高坂から分岐した日本セメント東松山専用線の廃線跡のようです。近くには葛袋貨物駅があったようです。



 それでは、次回をお楽しみに。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ETC1000円

ETC1000円で乗り放題になる条件や、ETC1000円でオトクに楽しむ方法などを紹介。

一番安定して稼げる商材

こんにちは。貴ブログを拝見しました東川と申します。日常生活に役立つ情報を提供することを目的としサイトを運営しております。貴プログ訪問者の方にもお役に立てる情報があるかと思い、トラックバックをさせていただきました鐔�お伝えする情報は稼げる新ビジネスシステムです。よろしくお願いいたします。...

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR