来るべき時が来ました(再試合)

Fuedef1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、寝台特急「富士」の、九州における牽引機を、集中的に特集します。



 先日の「富士」「はやぶさ」の取材で、EF81 411が「富士」の門司~大分間の牽引に当たっており、その際ED76の富士山形ヘッドマーク装着の記憶が無く、実際過去の写真ではどうなっているか、記録を確認してみました。



Fuedef2  先ずはデジカメ普及前、平成12年4月30日、旧大分運転所で運用を終え休息するEF81 411(写真)。まだこの当時は「富士」は単独列車で、「さくら」「はやぶさ」の14系・24系混結編成をそのまま大分まで牽き、EF81の帰庫も兼ね運用されていました。



Fuedef3  次はデジカメ、平成16年11月23日に撮影した、今は亡きEF81 413牽引「富士」、大分駅出発準備の姿(写真)。まだまだ、この頃は九州特急も安泰と思っていました。



Fuedef4  時は過ぎ、「さくら」廃止で、「富士」は「はやぶさ」と併結に変わった、平成18年5月6日撮影、ED76 90が大分駅出発を待つ姿(写真)。この位から雲行きが怪しくなってきたのです。



Fuedef5  同年7月16日、同じく大分駅出発準備中の、ED76 66牽引の「富士」(写真)。66号機は大分運転所所属のED76では最若番、昭和49年三菱電機・三菱重工製です。



Fuedef6  翌日、門司からの下り「富士」の任に就く、ED76 70(写真)。通常は前日の上り「はやぶさ」の牽引機に交替、この運用で大分運転所に帰庫します。



Fuedef7  平成20年10月24日、これも門司から大分に向かうED76 90牽引「富士」(写真)。記録では「はやぶさ」も含め、90号機が一番写真に写っています。



Fuedef8  そして先週のEF81 411牽引「富士」(写真)。



 こうしてみると、「はやぶさ」との併結になってからは、通常はED76が「富士」の門司以南の運用に入っていたことが分かります。逆に、先日の取材でEF81が「富士」の運用に入っていたのを写せたのは、幸運と言うべきだったのか。何だか複雑な心境です。まあ、最後ですから、オールスターキャストでいいんですけど。皆さんも、残された日々、有効に使ってください。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR