銀色の日々#7

Imaq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、東北地方に来ています。



 今回の遠征の目的は、「シルバーウィーク」に行った東北遠征の際の、取材漏れを取材するため。そのため、今回は、先回の最終到達地である、陸羽東線岩出山駅(宮城県大崎市)から始まります(写真)。駅前の京三工業製スイッチャーもそのままです。



Imaq2  同駅には鉄道資料館が併設されます(写真、左側、右側はJRの駅)。先回は時間が遅く閉館後でしたが、今回は開館時間中に到達したので、中に入ります。



Imaq3  中は写真のとおり、地元産品物販店に併設された施設です(写真)。更に中、資料館に入ります。



Imaq4  入口目の前には、SL動輪を模した「鉄道資料館」看板、その後には「岩出山駅」と書かれた木製の看板が(写真)。今は使われていません。



Imaq5  内部には、陸羽東線のNゲージジオラマを中心に、鉄道部品、切符、写真パネルを展示します(写真)。ジオラマには、現在鉄道模型は走っていません。



 こんな感じで岩出山を後にしました。



Imaq6  続いて、同じ大崎市内、旧松山町にある松山人車軌道へ。松山町中心部にある千石城跡に、ニブロクの線路が敷かれます(写真)。延長は、500メートル位あるでしょうか、コスモス畑を囲むように敷かれています。



Imaq7  中間点には、分岐する線路と、シャッターの下りた倉庫が(写真)。「人車」(人力で押す軌道車両)が、この中に入っているようです。オフシーズンで、今日は動きません。残念でした。



 そして次の目的地を目指します。



Imaq8  次の目的地に移動する最中、道沿いにSLが展示されます。早速車を停め、取材しました。



 森郷児童公園と書かれた公園に、こちら側にはSL、C58 354が展示されます(写真)。



Imaq9  その南側には、ED91 11が展示されます(写真)。同機は、切り抜き文字で「東芝」と書かれます。



 位置的には東北本線支線(利府線)利府に近く、どうも東北本線旧線上になるようです(現在は、松島寄りに移設され、利府以北は廃止された)。仙台に新幹線車両センターが設置されたことを記念して展示した、と看板に書かれていました。



Imaq10  そこから僅かな距離で、利府線の現在の終点、利府駅に到達しました(写真)。旧線跡には、以前は多くの交流電機が展示されていましたが、ワールドカップ関連で移動、広場になった後、現在はパークアンドライド駐車場になりました。



Imaq11  そして次の目的地、新幹線車両センターへ(写真)。車両整備工場、イベント以外で一般の入場は出来るか疑問でしたが、入口の守衛室で記帳すれば入場は可能でした(見学可能範囲は限定されている)。そして建物に入り、HOゲージとプラレールのジオラマを撮影しました。



Imaq12  続いて、建物前の車両展示を(写真)。左から、200系初号車である221-1(後にビュッフェ合造車237-1を従える)、”STAR21”953-5(後に953-1を従える)、200系の試作車961-1、961-6が展示されます(写真)。このうち、961-1、961-6は車内を見学できました。



Imaq13  961-6の運転台(写真)。左側は0系同様のスピードメーター、右側にブラウン管がありますが、これはコンピューターのCRTで、昭和50年代当時のコンピューターの画像出力は、ブラウン管しかありませんでした。現在は液晶かLEDなのは常識ですが。



Imaq14  運転台の下の機器室は、現在ATC等の部品が撤去され、空洞になっています(写真)。前頭部のFRPの部分が透き通っています。



Imaq15  新幹線の横には、EL、SLが(写真)。特にELは、ED71 1、ED75 1、ED77 1、ED78 1、EF71 1、ED91(と思われる、番号不明)と、東北の電化の歴史に欠くことべからざる機関車が、利府駅前から移動してきました。しかし悪戯も多く、少し不安です。



 他多くの記録を行い、入場証を返却し、次の目的地に向け出発しました。



Imaq16  そして次は東北福祉大前駅へ。同駅前には、東北福祉大の駅前キャンパスに併設された、鉄道交流ステーションがあります(写真)が、今日は土曜日だからか、他のイベントがあったからか、公開していませんでした。建物前には電車の動車軸が展示され、中にはHOゲージのジオラマがあるようです。



 そして寄り道をしてから次の目的地に向かうと、日没、結果仕方なく今日の行程を終え、滞在先に向かいました。



 今日はこれで終わりなのは残念ですが、寄り道が悪いのです。しかし、仙台で、酒っていったら、あそこを思い浮かべません?やはり酒食は楽しみですよ!



 次回は、今日の続きです。お楽しみに。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

LEDライト電光サイン看板の情報

LEDライト電光サイン看板の情報です。

ケノーベルからリンクのご案内(2009/11/22 09:13)

大崎市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR